自分でもできる、利息計算をする方法

過払金があるのかないのか、モヤモヤしていて気にはなっている。でも、
弁護士事務所や司法書士事務所に行く勇気がないし、費用が不安という方も
いらっしゃるでしょう。

そんな方は、まず自分で引き直し計算をしてみてはいかがでしょうか。
引き直し計算とは、利息を法定利息に直して計算をやり直すということです。

最初にすることは、借入先の消費者金融に連絡をし、取引履歴を開示してもらう
ことです。
金融機関によって取引履歴の書式は様々ですが、利息制限法を超えた利息を
そのまま開示してきたり、利率そのものを載せていなかったりします。

どんな取引履歴だったとしても、借入金の総額が10万円未満だったら
法定利息は20%、10万円以上100万円未満だったら18%、
100万円以上だったら15%というように、利率を直して計算することができます。

インターネットで検索すると引き直し計算ソフトもあります。
自分で数字を入力する根気さえあれば、そのようなソフトを使って、引き直し計算を
することができます。

引き直し計算の結果、マイナスの数字が出てきたら、それが過払い金です。

«