今更聞けない過払い金事情

「過払金」という言葉は、メディアを通してずいぶんと浸透してきました。
老若男女だれでも一度は聞いたことがある言葉となりましたが、さて、
その意味、理屈をご存じでしょうか。

少し難しい話ですが、「過払金」が発生する原因には、利息制限法と出資法という
二つの法律が関係しています。

利息制限法では、利息の上限を15~20%と定めています。利息制限法の上限を
超えた利息を定めても、超えた部分の定めは、法律上無効となるとされています。

一方、出資法は、刑事罰の対象となる利息の上限を定めています。
出資法では、上限利息が29・2%とされており、29.2%を超えて利息を
設定している場合には、「5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金」
という刑事罰が科せられています。
つまり、利息制限法を超えた利息を設定しても、出資法の上限利息を超えなければ
刑事罰は科せられないということになります。

このように、利息制限法と出資法の上限利息の間の利息は、民事上は無効にも
かかわらず、刑事罰は科せられない「グレーゾーン金利」なのです。

消費者金融だけでなく、クレジットカードなのでキャッシングした場合も、
利息制限法の法定利息を超える利息で借り入れをしている場合には、
過払金が発生している可能性があります。

«
»