我が家の税金を考える

公正証書遺言を作ったことを、誰も知らなかったら

ご病気で入院されている方でも、公証人に出張してもらい公正証書遺言を作成することができます。

亡くなられた方が、生前に公正証書遺言を作成していても、それをご家族の方がご存知ない場合があります。
せっかく作成したのに、ご自身のお気持ちが誰にも伝わらないなんてとても悲しいことですよね。
“公正証書遺言を作ったことを、誰も知らなかったら” の詳細は »

評価をどうするかで税金がかわる

不動産に役所は価格をつけている。これは市場価格とは関係ない。ただ、税金をかける上でのベースだ。

固定資産税の対象は以下の通りです。

課税対象は土地・家屋・有形償却資産である。
このうち土地と家屋については登記簿等で
実態を課税団体である市区町村が把握可能であるのに対し、
償却資産については登記等により把握できないため
申告により償却資産を把握し課税をする方式を取っている。
“評価をどうするかで税金がかわる” の詳細は »

税金も鬼じゃないので農地の軽減がある

次の世代にお金きちんと相続できるよう、それなりに相続税の優遇制度はある。

対策方法としては、
1:生命保険、物納・延納で事前対策を行う
2:農業相続人が農業を継続する場合については、相続税の納税猶予制度を用いる
ただし、途中で農業を廃業する場合は、利子税とともに納税猶予された税金が課されます。
“税金も鬼じゃないので農地の軽減がある” の詳細は »

法律できまっている相続における廃除がある

被相続人が生前、ある人から虐待を受けていたなどといった場合、家庭裁判所にその人の廃除を請求することができます。

廃除とは、被相続人の請求に基づいて、家庭裁判所がその者の相続権を剥奪する制度をいいます。被相続人が生前、ある相続人から虐待を受けていたなどといった場合、被相続人は家庭裁判所にその相続人の廃除を請求することができます。


“法律できまっている相続における廃除がある” の詳細は »

暦年での課税と相続時に精算する課税の制度

相続時精算課税制度は、特別控除として贈与財産の価額の合計額から、複数年にわたり利用できる特別控除額2500万円が適用されます。

相続時精算課税制度は、特別控除として贈与財産の価額の合計額から、複数年にわたり利用できる特別控除額2500万円が適用されます。この控除した後の金額に、一律20%の税率を乗じて算出します。確定申告が必要な上、一度この制度を選択すると相続時まで継続して適用されるので注意が必要です。
これに対して、暦年贈与課税とは・・・・・・・
暦年贈与とは、贈与税には、年間110万円までの非課税枠が設定されている
というものです。

“暦年での課税と相続時に精算する課税の制度” の詳細は »

同居している子供としてない子供の宅地相続

ごく普通の家庭でも相続税がかかる心配も出てきてしまったというわけです。

小規模宅地の評価特例法では240m2の部分について最大でも80%の減額ということで相続税がかかる人が減ったというメリットもありますが、22年の改定ではこの条件が厳しくなりました。適用条件については同居している子供やしてない子供の区別化が図られることとなってしまいました。
“同居している子供としてない子供の宅地相続” の詳細は »

こうなっているとしれば相続税の計算をできる

課税遺産総額にもろもろかけていったら相続人の負担する財産と税金を算出します。

法定相続財産の算出
課税遺産総額に法定相続人それぞれの法定相続分をかけて、それぞれの法定相続財産を算出します。

各人の相続税額
各相続人の法定相続財産に相続税の税率をかけ、それぞれの相続税額を算出。

<例>法定相続人が妻と子ども1人の場合
・課税遺産総額×2分の1(妻)=妻の法定相続財産×相続税率
=妻の相続税額

・課税遺産総額×2分の1(子ども)
=子どもの法定相続財産×相続率=子どもの相続税額
(相続税の課税)
第十一条  相続税は、この節及び第三節に定めるところにより、相続又は遺贈により財産を取得した者の被相続人からこれらの事由により財産を取得したすべての者に係る相続税の総額(以下この節及び第三節において「相続税の総額」という。)を計算し、当該相続税の総額を基礎としてそれぞれこれらの事由により財産を取得した者に係る相続税額として計算した金額により、課する。
(相続税の課税価格)
第十一条の二  相続又は遺贈により財産を取得した者が第一条の三第一号又は第二号の規定に該当する者である場合においては、
その者については、当該相続又は遺贈により取得した財産の価額の合計額をもつて、相続税の課税価格とする。
2  相続又は遺贈により財産を取得した者が第一条の三第三号の規定に該当する者である場合においては、その者については、
当該相続又は遺贈により取得した財産でこの法律の施行地にあるものの価額の合計額をもつて、相続税の課税価格とする。

(債務控除)
第十三条  相続又は遺贈(包括遺贈及び被相続人からの相続人に対する遺贈に限る。
以下この条において同じ。)により財産を取得した者が第一条の三第一号又は第二号の規定に該当する者である場合においては、
当該相続又は遺贈により取得した財産については、
課税価格に算入すべき価額は、当該財産の価額から次に掲げるものの金額のうちその者の負担に属する部分の金額を控除した金額による。

死亡保険金の受取と相続に注意しよう

亡くなった方の相続財産ではない点に注意してください。

まず死亡保険金については、受け取る方が特定されていれば、その方が当然に受け取れる固有の財産ということです。亡くなった方の相続財産ではない点に注意してください。つまり相続放棄をしていても受け取れる点です。また死亡退職金についても、同様です。


“死亡保険金の受取と相続に注意しよう” の詳細は »

相続の前に生前贈与を考える

生前贈与の際の注意点として、まずは、贈与税と相続税の分岐点をチェックします。それから遺産分割のトラブルとならないようにしなければなりません。

被相続人が死亡する前(つまり生きているうち)に
自分の財産を、 生前に贈与することによって、将来負担すべき税金
(相続税)を少しでも押さえる対策をすることを
生前贈与といいます。
生前贈与とは、被相続人が死亡する前に、
自分の財産を人に分け与える行為です。
個人の財産は、各個人の意思により自由に処分できることとなっています。
“相続の前に生前贈与を考える” の詳細は »

相続において農地に対する贈与税の納税猶予制度

納税猶予を受けようとする相続人は、所轄の税務署長に期限内申告書と所定の添付書類を提出するとともに、担保を提供しなければなりません。

1)被相続人の要件死亡の日まで農業を営んでいた人贈与税納税猶予の適用を受けた農地等を生前一括贈与した人

2)相続人の要件相続税の申告期限までに、相続か遺贈により取得した農地等で農業経営を開始し、その後も農業を継続すると認められる人贈与税納税猶予の適用を受けた人で農業者年金の経営移譲年金を受け取るために、その推定相続人の一人に農地等を使用貸借による権利設定をして農業経営を移譲した人
“相続において農地に対する贈与税の納税猶予制度” の詳細は »

« 過去の記事