借地権を相続する場合の手続きについて

実務上、地主との間での手続きと、税務上での取り扱いを確認する必要があります。

賃借権とは、財産上の権利であり、賃借人の一身に専属する権利では
ありませんので、相続財産に含まれます。
遺産分割協議により借地権を取得した場合に、地主との間で、
どのような手続きを取るべきでしょうか。


“借地権を相続する場合の手続きについて” の詳細は »

助成という制度で起業を立ち上げる

よい人材を採用し、売上げを出して税金を払う企業がある。

■助成金とは?
助成金の財源は、会社が国に払う「雇用保険料」です。そもそも社員を雇っている事業主が、払っている保険なのです。

■厚生労働省の助成金
厚生労働省の助成金はいろいろな種類がたくさんありますが、主なものを上げてみます。


“助成という制度で起業を立ち上げる” の詳細は »

相続税と相続財産からの控除額

相続税は、相続した財産に対しかかる税金です。

いまさらですが、
相続税は、相続した財産に対しかかる税金です。
相続した財産がなければ、相続税はかかりません。

現在、相続した財産から一定の額を引いて相続した財産を計算することが認められています。
この引くことができる額を基礎控除といいます。

この基礎控除の額が、法律の改正でどうやら減りそうです。
“相続税と相続財産からの控除額” の詳細は »

会社設立における必要経費

法人として事業登録した方が税金面でメリットがある

■会社設立で必要経費になる?

個人で事業を行なっている自営業の人の多くは、法人として事業登録した方が税金面でメリットがあるのでは、
と考えたことが一度はあるはずです。
具体的に何がどう違うのか、どちらが得なのか個人事業主であれば、誰でも知りたいと思います。

そこで今回は、法人化することによって必要経費として処理できる、出張手当と生命保険料についてまとめてみました。

“会社設立における必要経費” の詳細は »

会社を設立をすると交際費はどうなるの?

交際費の課税がされない!、会社設立でお客様を接待する場合には是非実践していただきたいひとつです

年間400万以下の交際費の金額でも、10%は法人税の課税対象です。

また平成18年からは交際費の参加者氏名を
記載した一定の書類を保存すると、「飲食等のために要する費用のうち
その金額を参加者で割って計算した金額が5000円以下の費用」は交際費
にしなくても良い、という基準が設けられました。

“会社を設立をすると交際費はどうなるの?” の詳細は »

会社設立で個人から法人になった際の具体的な税金例!

会社設立で具体的な例を示して、メリットを解説!

個人で事業を行っている方が法人化する最大のメリットは、やはり税金を安くできるという点ではないでしょうか。

法人化することで関係する税金には、住民税、事業税、消費税、地方消費税、固定資産税、自動車税、印紙税の5つがあります。これらの税金を納める際に、個人事業主ではできない大きな節税効果を生むのが「給与所得控除」です。

給与所得控除とは、サラリーマンが仕事をする上で必要となる経費を、国が定めた計算式により、所得税や住民税を計算するときに、給与収入から差し引くことができる控除額のことをいいます。

“会社設立で個人から法人になった際の具体的な税金例!” の詳細は »