遺贈

遺言と異なる遺産分割をすることもできます

遺言書があったとしても、相続人及び受遺者間で話がまとまれば、あえて遺言と異なる 分割をすることも可能です。

遺言とは、遺言者が死亡後、自分の財産の処分や債務の処理のしかたについて
指示するもので、相続人らは、この遺言に従うことが期待されています。
“遺言と異なる遺産分割をすることもできます” の詳細は »