設立について

法人の方が有利な助成金

創業や異業種への進出時には新たな従業員が必要となってきます。その雇い入れに対する助成金で、年間で850万円までの助成金を受けることができます。

例えば創業、異業種への事業進出に関する助成金である『中小企業基盤人材確保助成金』というものがあります。創業や異業種への進出時には新たな従業員が必要となってきます。その雇い入れに対する助成金で、年間で850万円までの助成金を受けることができます。「創業や異業種への進出」についてですが、実は法人であれば簡単にこの条件をクリアしてしまうのです。法人を設立したことが「創業」にあたりますし、法人の登記簿事項の「目的」を変更すれば、異業種への進出を公的に表明できます。


“法人の方が有利な助成金” の詳細は »

会社を設立することと事業に失敗はべつの話

倒産状態となった会社の財産をすべて財産の 管理人のもと換価して、返済を続けることを 目的として行うのが法的整理です。

倒産した時の任意整理という私的な整理があります。
また法的に整理をすることもあり、
万が一事業が失敗しても任意整理では債務者と債権者が
協議して財産関係を処理することがあります。

“会社を設立することと事業に失敗はべつの話” の詳細は »

会社設立と株主の責任

会社を設立すると売上が半分以下になろうとも必ずしも 倒産となるわけではありません。

株式会社の責任は、株主にあります。
もちろん、法人は別人格ですので、
負債は個人にはかかってきません。

現在の景気の中では売上が半分以下となる会社はたくさんあります。
売上が半分以下になろうとも必ずしも
倒産となるわけではありません。


“会社設立と株主の責任” の詳細は »

会社を設立をすると交際費はどうなるの?

交際費の課税がされない!、会社設立でお客様を接待する場合には是非実践していただきたいひとつです

年間400万以下の交際費の金額でも、10%は法人税の課税対象です。

また平成18年からは交際費の参加者氏名を
記載した一定の書類を保存すると、「飲食等のために要する費用のうち
その金額を参加者で割って計算した金額が5000円以下の費用」は交際費
にしなくても良い、という基準が設けられました。

“会社を設立をすると交際費はどうなるの?” の詳細は »

会社設立で個人から法人になった際の具体的な税金例!

会社設立で具体的な例を示して、メリットを解説!

個人で事業を行っている方が法人化する最大のメリットは、やはり税金を安くできるという点ではないでしょうか。

法人化することで関係する税金には、住民税、事業税、消費税、地方消費税、固定資産税、自動車税、印紙税の5つがあります。これらの税金を納める際に、個人事業主ではできない大きな節税効果を生むのが「給与所得控除」です。

給与所得控除とは、サラリーマンが仕事をする上で必要となる経費を、国が定めた計算式により、所得税や住民税を計算するときに、給与収入から差し引くことができる控除額のことをいいます。

“会社設立で個人から法人になった際の具体的な税金例!” の詳細は »

資本金が少なくても会社は設立できる!

資本金があまり用意できなくても法人は設立できるんです!

資本金がないから法人をつくるのは無理だとあきらめていませんか?

資本金とは、法人の財産を確保するための一定の金額のことで、法人の活動がスムーズに行われるための元手ともなり、外部からみたときの信用のひとつでもあります。

法人にお金がなければ取引先は安心して取引することもできませんし、いざ倒産などという事態が発生した場合には、債権者を保護するという意味でも、法人の規模に応じて設けたのが資本金制度なのです。
“資本金が少なくても会社は設立できる!” の詳細は »