限定承認

相続財産を受けいれるかどうかは相続人の自由です

相続の承認には単純承認と限定承認があります。相続によって得た財産の範囲内で被相続人の債務を 負担するという条件付きの相続を限定承認といいます。

相続財産には積極財産と消極財産、言い換えればプラスの財産と
マイナスの財産があります。
“相続財産を受けいれるかどうかは相続人の自由です” の詳細は »

相続財産と管理義務

相続財産とは、相続はどんな種類があるのか、また相続財産の管理はどうなっているのでしょう

そもそも、相続財産というのはどういうものなのでしょうか。

人の死亡により、その人の権利義務を一定の人が受け継ぐことを相続と言います。

この時、死亡した人を「被相続人」、受け継ぐ人を「相続人」と言います。また、相続人が受け継ぐものを「相続財産」と言い、財産を複数の相続人で分ける場合に、その割合を「相続分」と言います。
“相続財産と管理義務” の詳細は »

相続の方法には種類があります

相続するか、相続放棄か、限定承認かを選択する必要があります

相続が発生すると、相続人には、次の3つの選択肢が与えられます。
被相続人のすべての財産・債務を受け継ぐ単純承認、親が多額の借金などを残した場合などに、すべての財産・債務を受け継がない相続の放棄、そして、受け継いだ財産の範囲内で被相続人の債務を引き受ける限定承認です。
“相続の方法には種類があります” の詳細は »

周りをまきこむのが相続放棄という手続だ

相続はプラスになることばかりではありません。マイナスを引継がない、放棄についてご紹介します

相続はプラスとなる資産だけでなく、債務も同時に引き継ぐことになります。

そのため、相続そのものをしたくないというのなら、自由にその相続の権利を放棄することができます。


“周りをまきこむのが相続放棄という手続だ” の詳細は »

相続の手続きにおける限定承認の申立て

相続や遺言は、法で定められた相続関係を変更することですが遺言でできる事項は、法律によってきめられています。

そうぞくの限定承認は、そうぞくの開始後3ヶ月の考慮期間内に、そうぞく財産の財産目録を作成し、限定承認する旨を家庭裁判所に申したてなければなりません。 申立の要点は以下の通りです。
“相続の手続きにおける限定承認の申立て” の詳細は »

遺産の相続の継承をべつの視点からみる

財産相続はプラスとマイナスがあり、「継ぐか継がないか」という焦点をはっきりと調査しておく必要があります。

財産そうぞくはプラスとマイナスがあり、「継ぐか継がないか」という
焦点をはっきりと調査しておく必要があります。

そうぞくしてもマイナス財産が多い場合は、放棄をしなくてはいけませんし
プラスが多い場合には単純承認が必要です。
“遺産の相続の継承をべつの視点からみる” の詳細は »

農地の区分と評価方法と相続

財産相続はプラスとマイナスがあり、「継ぐか継がないか」という焦点をはっきりと調査しておく必要があります。

土地の地目には、宅地・農地・山林・原野・牧場・池沼・鉱泉地・温泉地・
雑種地などがあります。

農地はさらに次の4つに区分けされています。

①純農地
②中間農地
③市街地周辺農地
④市街地農地
“農地の区分と評価方法と相続” の詳細は »