開始

公平な遺産分割をするための方法を知る

遺産分割を公平にスムーズに進めるには各相続人の事情や法定相続分を尊重することがポイントです。

誰かが亡くなって相続が開始した時、相続人が集まって遺産をどのように
分けるのか話し合うのが一般的な任意の遺産分割方法です。

“公平な遺産分割をするための方法を知る” の詳細は »

生まれる前の胎児は相続できるのでしょうか?

生まれる前の胎児にも遺産相続は発生するのでしょうか

胎児とは母体から出生前の子供のことをいいます。
相続というのは、被相続人が死亡した瞬間に、財産が相続人に承継されるという制度ですので、
相続人は相続開始の時点において権利能力を有していないといけません

“生まれる前の胎児は相続できるのでしょうか?” の詳細は »

3人に1人は相続に対する不安を抱えているそうです

節税対策のための生前贈与は争いを防ぐためにも贈与と遺言書をセットにするのが良いでしょう。

税制改正により税金がかかる人が多くなります。

具体的には、基礎控除が60%に減額されます。
では、今やれることは何か?

“3人に1人は相続に対する不安を抱えているそうです” の詳細は »

相続において農地に対する贈与税の納税猶予制度

納税猶予を受けようとする相続人は、所轄の税務署長に期限内申告書と所定の添付書類を提出するとともに、担保を提供しなければなりません。

1)被相続人の要件死亡の日まで農業を営んでいた人贈与税納税猶予の適用を受けた農地等を生前一括贈与した人

2)相続人の要件相続税の申告期限までに、相続か遺贈により取得した農地等で農業経営を開始し、その後も農業を継続すると認められる人贈与税納税猶予の適用を受けた人で農業者年金の経営移譲年金を受け取るために、その推定相続人の一人に農地等を使用貸借による権利設定をして農業経営を移譲した人
“相続において農地に対する贈与税の納税猶予制度” の詳細は »

戦後のしばらくは明治の決まりで相続の順位は決まった

相続人が配偶者のみの場合は、全財産を配偶者が相続しますが、他に相続人がいる場合はその人と同順位になります。

相続の順位は以下のように定められています。
(相続に関する胎児の権利能力)第886条
胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。
前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは、適用しない。
“戦後のしばらくは明治の決まりで相続の順位は決まった” の詳細は »

相続と固定資産の評価は密接しているんです

相続財産はいくらかについては、固定資産税評価額を確認しましょう。市町村役所等で証明書を取り寄せれば確認することが可能です。

家屋の評価とは?

土地に対する固定資産の評価額。
どのように決まっているのでしょうか?

通常は固定資産税評価額と同額で評価します。
その計算方法ですが次のように表します。
“相続と固定資産の評価は密接しているんです” の詳細は »

有益な相続と控除の種類の情報

相続時清算課税制度による贈与税額控除・・対象:65歳以上の親から20歳以上の子である推定相続人への贈与

各自の相続割合に応じて、相続税総額を配分したら次は個別に、控除される特別な事情がないか、逆に加算されるような事項はないかをみていきます。控除の種類は次のようなものがあります。

①贈与税控除・・対象:生前贈与の対象となった財産を取得し(被相続人から相続開始3年以内に贈与を受けた人)で、その贈与について贈与税の払い済みの人。こらは、贈与税と相続税の二重課税を防止するために設けられている規定です。
“有益な相続と控除の種類の情報” の詳細は »

困った事情の時の相続と借金についての扱い

相続は、何もしないで3か月経過すると単純承認したことになります。

相続放棄というのは、その人の財産および負債をすべて放棄するものです。通常は土地や建物と言った不動産価値のあるものの時価やその他の有価証券・現金などのすべての財産額と借金やローンなどの負債額を計算して、財産額の方が高い場合、相続するというケースが一般的です。
“困った事情の時の相続と借金についての扱い” の詳細は »