配偶者

誰が相続人になるのでしょうか?

相続人の範囲は民法で定めれています。配偶者は常に相続人となり、子から親、兄弟へと相続権が移ります。

相続人となる人の範囲や法定相続分は、民法で定められています。
まず、死亡した人の配偶者(妻、夫)は状況を問わず、常に相続人となります。法律上の配偶者なので、内縁関係の人は、相続人にはなれません。
“誰が相続人になるのでしょうか?” の詳細は »

離婚をしている場合の相続

離婚をしたら、配偶者は相続人ではなくなりますが、その間に生まれた子の相続権はなくなりません。

亡くなった方の配偶者は常に相続人となります。

しかし、離婚をした場合はそうではありません。

離婚する場合は、通常、財産分与などの協議を行い、

お互い協力して作った財産はその時点で清算します。

この時点で「元配偶者」は「赤の他人」ということになります。

このような考え方を踏まえて、法律上も離婚した場合には将来どちらかの相続が始まったとしても、

互いに相続人にはなれないことになっています。
“離婚をしている場合の相続” の詳細は »

妻と子の相続で遺産分割協議を円滑にすすめる

様々なパターン 妻と子が相続するケースから自分の家族に置き換えるとよく分りますよ

相続の中で最も多いケースが、夫が亡くなり、その配偶者である妻と子供が相続するというものでしょう。
言い換えれば、相続においての基本パターンとも捉えられます。
その相続分は、夫が亡くなった場合でも、妻が亡くなった場合でも立場は「配偶者」ですから、
共に相続財産の2分の1を相続します。残りの2分の1を子供が相続します。
子供が一人の場合は妻と同じ2分の1が相続分となりますが、
子供が二人であれば子供の相続分である2分の1を2人で分けるので、4分の1ずつを相続する事になります。
“妻と子の相続で遺産分割協議を円滑にすすめる” の詳細は »

不当な金利撤廃と債務整理

法改正後の債務整理は不当な金利や行為で悩んでいた人には救世主になり、 専門家を通してますます容易に確実な返済計画や過払い金返還が行われるようになりました。

平成22年6月18日以降、出資法の上限金利が20%に引き下げられ、

グレーゾーン金利が撤廃されました。これによって、債務整理に大きな変化が出てきたのは周知の通りです。上限金利は利息制限法の水
“不当な金利撤廃と債務整理” の詳細は »

高価なのでよく聞かれるのが相続のときの不動産の評価

被相続人の配偶者に対して一定の 金額までは配偶者に相続税はかからないという制度

相続税の評価額とはどのようなものでしょうか?相続するにあたって、現金以外のものは評価をしなければその価値がわかりません。例えば借地権の設定、不動産の購入、アパート・マンション、土地など。
“高価なのでよく聞かれるのが相続のときの不動産の評価” の詳細は »

相続人の欠格事由をあげる

推定相続人の廃除は、相続人となることができないというのではなく、法的にふさわしくないということで判決を下してもらうようなものです

以下の5つの要件にのいずれかに該当する相続人は、相続人となることができません。これに該当する場合は被相続人が家庭裁判所に申し立てや手続をとる必要もありません。遺言に関し次の者は、相続人の欠格事由になる(891条)。
“相続人の欠格事由をあげる” の詳細は »

法定されている相続人のことをまず覚えるのだ

横浜の方へ、相続開始後3ヶ月以内に相続の手続の進め方は決め名kればなりません

相続人が,自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に相続財産の状況を調査してもなお、相続を承認するか放棄するかを判断する資料が得られない場合には、相続の承認又は放棄の期間の伸長の申立てにより、家庭裁判所はその期間を延長することも可能です。
“法定されている相続人のことをまず覚えるのだ” の詳細は »