遺言

遺留分の減殺請求権の濫用とは

遺留分減殺請求権の行使は、信義に従い誠実を旨としなければならないとされています。これに反するようであれば認められないこともあります。

本来相続人であるにもかかわらず、不公平な遺言が残され全く遺産を受け取ることが出来ない場合に、自分の遺留分を侵害する遺贈者に対し遺留分減殺請求権を行使することが出来ます。これは、残された家族が突然自分の家も生活資金も失ってしまわないように最低限の財産保証をしたものです。しかし、必ず認められるものではありません。
“遺留分の減殺請求権の濫用とは” の詳細は »

高価なのでよく聞かれるのが相続のときの不動産の評価

被相続人の配偶者に対して一定の 金額までは配偶者に相続税はかからないという制度

相続税の評価額とはどのようなものでしょうか?相続するにあたって、現金以外のものは評価をしなければその価値がわかりません。例えば借地権の設定、不動産の購入、アパート・マンション、土地など。
“高価なのでよく聞かれるのが相続のときの不動産の評価” の詳細は »

相続人の廃除について学びましょう

被相続人は、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができますよ

遺言により遺言執行者が指定されている場合または指定の委託がある場合は、遺言執行者が直ちに任務を開始する(1006条・1007条)。
子の認知・相続人の廃除およびその取り消しを除き、遺言執行者がなくても相続人が遺言の内容を実現することが可能であるが、手続を円滑に進めるためには、遺言執行者を指定しておく方がよい。
“相続人の廃除について学びましょう” の詳細は »

相続と代償分割について

遺産の分割に当たって共同の相続人などのうちの1人又は数人に相続財産を現物で取得させ、その財産を取得した人が他の共同相続人などに対して債務を負担する仕組みですよ

相続で均一に財産が回らない場合、現物分配などの場合は「アッチはこんなに貰っているのにこっちは少ない」「ずるい」などぴったり分けられないことが多い相続では争いの原因となります。
“相続と代償分割について” の詳細は »

相続に関する登記と不動産の権利の把握

相続登記をしたときの登記済権利証(または登記識別情報)が、新しい権利証となります。

不動産の所有者がなくなると、亡くなった方名義の登記をなおす必要があります。
相続登記をしたときの登記済権利証(または登記識別情報)が、新しい権利証(または登記識別情報)となります。
基本的に、相続登記は権利証がなくとも可能です。しかし、
法務局に登記されている住所と死亡した時の住所が異なっており、住民票等で同一人物であることを証明できない場合は、登記済証を提出するようにいわれることもあります。
“相続に関する登記と不動産の権利の把握” の詳細は »

家族が円満にすすめる相続とはなんだろう

それは遺言です。マイナスの財産や負担を踏まえた遺言は相続手続きにおいて非常に効果的です。

相続でもめないために、どんな工夫が必要なのでしょうか?それは遺言です。マイナスの財産や負担を踏まえた遺言は非常に効果的です。相続ではなにをもらうか?ということばかりに目が行きがちですがもらうもののなかにはマイナス財産も含まれてしまいます。
“家族が円満にすすめる相続とはなんだろう” の詳細は »