遺産

貸金債権の相続におけるトラブル

貸金債権を相続したが、回収不履行となり損失が出てしまった時、その分を他の相続人から埋め合わせしてもらえるのでしょうか。

兄が亡くなり、遺産を相続人2人で分割することになりました。相続財産の内容は時価1000万円のマンションと、500万円の預金、500万円の貸金債権がありました。被相続人の妻には今後の生活もあるからと、マンションと預金を相続してもらい、私自身は貸金債権のみを相続しました
“貸金債権の相続におけるトラブル” の詳細は »

住宅ローン支払中の相続

住宅ローンを支払っている最中に一家の大黒柱を失うような事態にはどう対処すべきか。

夢のマイホーム、購入時に住宅ローンを組む方が殆どかと思います。一般的に住宅を購入する際のローン名義人は生計の中心となるご主人で、銀行ローンを利用される方が多いでしょう。もし、急にご主人が亡くなってしまい、多額の住宅ローンを残したまま奥様が相続することになった場合、
“住宅ローン支払中の相続” の詳細は »

相続を待つ人がいるのだからこわい

相続という仕組みを抜本的に変えて、家族円満の遺産分割できるのでは?

親がなくなた時の、
相続する財産を当てにしている方がいます。

切ないですね。。。
とはいえ、経済状況によっては、
それも仕方のないことなのかもしれません。

相続人同士でけんかするのも悲しいことですが、
もろもろの事情があってのことでしょう。
“相続を待つ人がいるのだからこわい” の詳細は »

相続において遺留分を有する人がいます

代襲相続が可能な場合(相続放棄を除く)には、代襲者が遺留分を主張することが可能です。

遺留分を有するのは、兄弟姉妹を除く法定相続人、つまり配偶者・子・直系尊属に限られます。

ただし、相続の欠格・廃除・放棄によって相続する権利を失った者は遺留分を主張することもできません。
これらの事実を知らなくとも、相続の開始から単に10年が経過した場合も同様に権利行使できなくなります。

代襲相続が可能な場合(相続放棄を除く)には、代襲者が遺留分を
主張することが可能です。
“相続において遺留分を有する人がいます” の詳細は »

相続はもめたら誰に頼むの?

相続でもめたら、お勧めなのは専門家に相談することです。

遺産相続の件でもめた場合、親戚同士で話し合っていても埒が明きません。

そんなときには誰に頼んだらいいのでしょうか。お勧めなのは専門家に相談することです。
“相続はもめたら誰に頼むの?” の詳細は »

保証人の相続はこうなっています

一般的な特定保証契約(金額が元々決まっている貸付の保証)については相続されますよ

連帯保証は「法定相続分」で相続がなされることになります。相続ではプラスの財産についても無償で引き継ぐことが出来るのでマイナスの財産も引き継がれるのはやむを得ないでしょう。
“保証人の相続はこうなっています” の詳細は »

きちんと差し引きして相続と控除金額を理解する

被相続人が生前に購入したお墓の未払い代金など非課税財産に関する債務については債務控除の対象にはなりません。

葬儀費用は債務ではありませんが、債務控除が認められるものと
なっています。また被相続人の借入金の債務、被相続人に必要と
される葬儀費用は、遺産総額から控除されて相続税の計算が
行われます。

被相続人が生前に購入したお墓の未払い代金など非課税財産に
関する債務については債務控除の対象にはなりません。
“きちんと差し引きして相続と控除金額を理解する” の詳細は »

やたらと高く感じるのが相続税の2割加算だ

相続税法はこうした飛び越えた相続による税逃れを抑えるために、こうした2割加算の制度を用意しているという訳

各相続人の相続税額は、全体の相続税額を各自の取得遺産の配分に応じて算出した税額を基にして、各ケースの状況により控除や加算をされ、それらを算出して決まります。ここでは、相続税を2割加算される場合についてご説明します。2割はかなりの負担になるので注意が必要です。
“やたらと高く感じるのが相続税の2割加算だ” の詳細は »

有益な相続と控除の種類の情報

相続時清算課税制度による贈与税額控除・・対象:65歳以上の親から20歳以上の子である推定相続人への贈与

各自の相続割合に応じて、相続税総額を配分したら次は個別に、控除される特別な事情がないか、逆に加算されるような事項はないかをみていきます。控除の種類は次のようなものがあります。

①贈与税控除・・対象:生前贈与の対象となった財産を取得し(被相続人から相続開始3年以内に贈与を受けた人)で、その贈与について贈与税の払い済みの人。こらは、贈与税と相続税の二重課税を防止するために設けられている規定です。
“有益な相続と控除の種類の情報” の詳細は »