贈与

財産を残す対象は誰でもよいって知ってましたか?

遺言者は、自分の財産を与える対象を自由に決めることができます。 その対象者は相続人だけに限られないため、相続人以外の人や団体等にも自由に財産をあげることができます。

遺言では、自分の死後に自分の財産をどのように処理するかをきめることができます。
財産を処分するということは、自分のの財産を誰回贈与するということです。
“財産を残す対象は誰でもよいって知ってましたか?” の詳細は »

遺留分の侵害に対する減殺請求

遺贈がされた時に自身の財産を確保するための遺留分の算出について

遺贈があった時、本来の相続人はその相続財産を得ることが出来るのでしょうか。

遺贈とは、遺言によって遺産を与える無償譲与のことを言います。贈与と違い、遺言によってのみなされる一方的行為になります。(死因贈与との違いは、この一方的な行為という点で、死因贈与の場合遺産を貰い受ける物(受贈者)と生前に贈与の合意がなくてはならないということです)


“遺留分の侵害に対する減殺請求” の詳細は »

贈与についてのお話

相続の贈与税の計算例 (課税価格-基礎控除額110万円)×税率-控除額=贈与税額

贈与税の計算例
(課税価格-基礎控除額110万円)×税率-控除額=贈与税額

長年連れ添った夫婦間で、一定の条件を満たした場合に、贈与税の配偶者特別控除が受けられます。
“贈与についてのお話” の詳細は »

相続税の計算方法ってこんな感じです

横浜の方へ相続税の申告は亡くなったかたの管轄の税務署で行いますよ

相続税の税額の計算方法を簡単に説明します。実際の相続税額の算出は、不動産などの財産の評価を含めて、とてもややこしく複雑なので、税理士などの専門家に相談することをおすすめします。相続税・贈与税にたけている税理士なら、節税についても色々アドバイスしてくれるはずです。
“相続税の計算方法ってこんな感じです” の詳細は »

暦年での課税と相続時に精算する課税の制度

相続時精算課税制度は、特別控除として贈与財産の価額の合計額から、複数年にわたり利用できる特別控除額2500万円が適用されます。

相続時精算課税制度は、特別控除として贈与財産の価額の合計額から、複数年にわたり利用できる特別控除額2500万円が適用されます。この控除した後の金額に、一律20%の税率を乗じて算出します。確定申告が必要な上、一度この制度を選択すると相続時まで継続して適用されるので注意が必要です。
これに対して、暦年贈与課税とは・・・・・・・
暦年贈与とは、贈与税には、年間110万円までの非課税枠が設定されている
というものです。

“暦年での課税と相続時に精算する課税の制度” の詳細は »

段階的に相続税の負担は上がっていった

扶養義務者から生活費や教育費として贈与を受けた財産や、社会通念上必要と認められる香典、花輪代、お祝い金、 年末年始の贈答品など。

国税通則法または地方税法の適用・準用がある公租公課については、遺言による指定・指定委託があれば、指定相続分による承継が原則となります。(国税通則法5条2項、地方税法9条2項が民法902条を用いることを明記している)

【贈与税の税率】
“段階的に相続税の負担は上がっていった” の詳細は »

相続の宅地比準方式の算式

相続税の申告期限から原則として20年を経過するまで、農業用地として使用してきた場合には、猶予された税額を免除する制度です。

市街地農地の評価額=(その農地が宅地であるとした場合の1㎡あたりの価額-1㎡あたりの造成額の金額)×地積生産緑地の評価市街化区域内にある農地が生産緑地に指定されると、原則として30年間解除できません。また、建築物の新築や宅地造成を行う場合には、市町村長の許可を受けなければなりません。

ただし、市町村長に対して買取の申し出ができます。生産緑地の評価額=その土地が生産緑地でないものとして評価した価額×(1-10/100~35/100)農地を宅地に転用する場合に通常必要とされる造成費の額は、各国税局ごとに定められています。

・農地等の贈与を受けた場合、原則次の要件を全て満たせばその農地等の相続税が猶予されます。・一般的な贈与の場合、贈与税は110万円に相当する部分までは控除され無税になります。
※贈与税の納税猶予制度農地には、贈与税の納税猶予制度もあります。都市圏の特定市の市街化区域において、生産緑地のみに適用されます。
20年営農による納税免除の特例は適用されません。相続人が、農業を営んでいた被相続人から農地等を相続し、農業を継続する場合に、次の相続か、農業後継者に対する生前一括贈与があるまでの間、相続税の納税が猶予されるという制度について説明していきましょう。

相続税の申告期限から原則として20年を経過するまで、農業用地として使用してきた場合には、猶予された税額を免除する制度です。

いざ横浜で探すと、相続手続支援センターが全国組織であり安心だ
農地の相続税・贈与税の納税猶予を受けることにより、税負担を軽減し、農業経営の継続を図ること、さらに農業経営の世代交代への支援、りや農地の零細化の防止を図ることが目的の制度です。
www.souzoku-shien.net/

死亡に備えた相続に関連する保険の契約者

みなし相続財産として保険金を含めた被相続人の総財産から各種の控除を差し引いて課税対象となる金額が出ます。

生命保険の契約で被保険者がなくなったときは
保険金受取人が保険会社に請求して保険金を受け取ります。

しかし先のような被保険者ではない
保険契約者がなくなったときには、保険事故は
発生しないことになりますので、相続人で
保険契約の継承者を決めて保険契約者の
名義変更を行うことになります。

必要な書類は以下の通りです。
“死亡に備えた相続に関連する保険の契約者” の詳細は »

公開します、相続税のちょっとした節約するポイント

贈与された金額は相続時に相続財産として加算され、相続税が計算されてしまいますよ

アパートと一体になっている駐車場は、
駐車場つきのアパートを建築する場合、駐車場が
アパートの居住者専用にすれば、アパートの敷地は
貸しつけ用の建物敷地である借家建付地として
評価し、居住用の建物が建っている敷地は更地と同様の
自用地として評価されます。
“公開します、相続税のちょっとした節約するポイント” の詳細は »