資産

法的に借金をゼロにするのが自己破産です

多少のデメリットは仕方ないことと思い、生活の再生を果たしましょう

自己破産とは、いくつかある債務整理の方法の一つ。
債務整理の中でも最終手段ともいえる方法で、借金の金額によってはほかの債務整理の方法をとった方が良いケースもあります。
“法的に借金をゼロにするのが自己破産です” の詳細は »

破産管財人とは何のことだろう

お金も不動産もなく、資産もないケースでは、破産管財人は選任されず、破産宣告と同時に破産手続きは廃止されます

自己破産でめぼしい財産が無い場合の債務整理はどうなるのでしょうか?

予納金は、破産手続きを申し立てる際、裁判所に納付する金銭です。破産手続きのための費用を予納しなければな
“破産管財人とは何のことだろう” の詳細は »

相続で資産を上手に渡そう

それまでは仲の良かった家族が、相続問題でバラバラになるケースも珍しくありません。

民法第5編によれば、相続は「死亡」により開始されます。
相続は、死亡した人の所有していた財産だけでなく借金などの義務も含め、法律で定められた「法定相続人」が引き継ぐこととなります。財産を残す人が「被相続人」となり、その配偶者や子供などが「相続人」となるのが一般的です。
“相続で資産を上手に渡そう” の詳細は »

とっても重要な会社設立と事業資産の確保

個人事業主が死亡した場合はその口座を金融機関は即凍結します。事業用の資金も引き出せなくなります。法人を作り、法人にするとこのような対応もなくなります。

個人事業や会社で代表者がなくなった場合には
どうなるでしょうか?

屋号名義の事業用口座は法律上、
個人口座と同じ扱いとなります。

個人事業主が死亡した場合は
その口座を金融機関は即凍結します。
事業用の資金も引き出せなくなります。


“とっても重要な会社設立と事業資産の確保” の詳細は »

会社設立のメリット~個人資産と法人資産の分離~

個人の財産と法人の資産をはっきりと区分することによって、法的に法人資産が法人の物として守られることになります。

■法人化するとメリットが
こうしたことを避けるために、事前に個人事業を法人化する事業主が昨今、多いようです。
まず法人名義の口座を作り、個人事業で使用していた預金を移します。
そうすれば預金も法人名義になり、勝手に個人が使用できなくなります。
また事務所などの不動産や、設備なども個人名義から法人名義に変更し登記所で登録すれば、
それらは法人の資産となります。また、個人事業で借りていた事務所などは名義変更の他に、
借主の承諾が得られれば個人名義のまま法人に又貸し(転賃借)する方法もあります。
“会社設立のメリット~個人資産と法人資産の分離~” の詳細は »

会社設立を行うことで、個人資産と法人資産の分離ができます

個人の生活費と事業用の資金を明確に区別しないと 事業の実際の利益がわからなくなってしまい、 個人生活と事業を安定させ事業を計画的にすすめることが難しくなってしまいます。

■個人事業― 個人財産と事業資産は一緒?
 個人事業では、事業で得た利益や事業で使う車両などの備品、
また事務所などの資産と個人の財産との区分けがあいまいです。
たとえ事業の資産であっても個人のもの、
また第三者からも個人所有の財産と見なされてしまいます。
それは、事業で使用している不動産や車両など、
すべて事業主の個人名が名義となっているからです。
銀行口座でも事業用の口座は「○○屋、□□商店」など屋号が入っても
その後ろには個人名が表記されます。屋号は備考のようなもので、
その預金は個人の財産であり他の名義は存在しないからです。

“会社設立を行うことで、個人資産と法人資産の分離ができます” の詳細は »