資本金

会社設立と事業資金について

個人事業主特有の勘定科目に『事業主貸勘定』と『事業主借勘定』がありましたが、会社設立後の勘定科目にはどんなものがあるのでしょうか?

■法人の場合

法人での似たような勘定科目としては、『役員貸付金』と『役員借付金』があります。

『役員貸付金』とは、法人の役員個人(主にはその会社のオーナー社長)

がその法人のお金を持ち出した時に、記載する科目です。
“会社設立と事業資金について” の詳細は »

会社設立で法人化して、税金で得をしよう!

個人事業を資本金1.000万円未満の法人を会社設立すると、 それから約2年間は消費税を払わなくてよく、その消費税分はすべて法人の利益に!?

■法人化:決算期を選んで消費税の納税額を減らす
1.消費税の支払い
この法人の決算期の設定は、消費税の支払におおきく関係するのです。
“会社設立で法人化して、税金で得をしよう!” の詳細は »

会社設立を行うと資金が集めやすくなる?

個人事業は、出資という観念が存在しません、第三者や親が個人事業主援助をした場合、それは個人事業者への貸付金とみなされてしまいます。 まずは会社設立を行うとメリットがあるのか考えていきましょう!

資金の貸手と借手の間には仲介業者が入るのですが、
仲介業者は取引手続代行により手数料を受け取るだけになり、
資金の流れには関与しないことが普通です。

直接金融においては、債券や株式の価格が市場で
決まることになる。そのため、市場の実勢を反映して
資金が配分され経済が効率的になる特色があります。

“会社設立を行うと資金が集めやすくなる?” の詳細は »

会社設立で考える法人にかかる税金

会社設立では、法人かすることによって得られるメリットのひとつに税金があります。

税金について法人の場合はどうなのか、みてみましょう。法人が支払わなければいけない税金は、主に3種あります。それは1)法人税、2)法人住民税、3)法人事業税です。

1) 法人税

会社の利益に対し、その利益に応じて支払わなければならない税金で、法人が払う税金の中で最も金額が高い税金です。
“会社設立で考える法人にかかる税金” の詳細は »

税金で損しないための会社設立

会社設立には常識があります。しかし、その常識を守ったために税務で損をする会社があるのです!それをしょうかいしましょう。

法人を作るには常識があります。しかし、その常識を守ったために税務で損をする法人があるのです!それをしょうかいしましょう。

1.「資本金は300万円妥当!」のウソとは?。

2.「取締役の任期は10年がいい」これでは損をする!?

3.決算月は12月がいい。本当に?

4.会社設立は行政書士が専門。本当に?


“税金で損しないための会社設立” の詳細は »