費用

自分でもできる、利息計算をする方法

開示された取引履歴をみて、途中や最後の金額にマイナス表示があったら、 これは完全に過払金と判断できます。 迷わず、専門家に相談しましょう。

過払金があるのかないのか、モヤモヤしていて気にはなっている。でも、
弁護士事務所や司法書士事務所に行く勇気がないし、費用が不安という方も
いらっしゃるでしょう。
“自分でもできる、利息計算をする方法” の詳細は »

相続の登記や手続はいつまでに行わなければならないのでしょうか?

相続の手続きにいつまでという期限はありませんが、放っておくと問題が生じることもあります。

相続登記の手続きは、いつまでにしなければならないという決まりはありません。

しかし、何年も放っておくと以下のような問題が生じて、相続登記ができなくなる
可能性もでてきますので、早めの相続登記を行うことをお勧めします。

もし相続登記をしないで放っておくと・・・

“相続の登記や手続はいつまでに行わなければならないのでしょうか?” の詳細は »

遺産の分割の方法については大きく3つあります

遺産分割の方法には、現物分割、代償分割、換価分割があります。それぞれの特徴を簡単に紹介しています。

相続が発生し、実際の遺産分割では、現物分割(遺産そのものを分けることです)が一般的で多く行われている方法ですが、現物分割ができないですとか、分割してしまうと著しく価値がさがってしまうものもあります。
“遺産の分割の方法については大きく3つあります” の詳細は »

債務整理と利息制限法のかかわり

債務整理では、利息制限法でお借入した場合に基づいて借金の再計算を行います。

利息制限法とは、金銭の賃借において利息の最高利率(上限金利)や賠償額予定の制限を定めた法律で、「利限法」とも呼ばれています。

利息制限法に定められた最高利率は以下の通りとなっています。
“債務整理と利息制限法のかかわり” の詳細は »

会社設立をすると、住民税も得するかもしれません

会社設立であらゆる税金の額を減らそう!

地方税も住民税(都道府県民税・市区町村民税)も所得に大きく関係しますが、課税される取得が低ければ、所得税も住民税も納める税金の額は少なくなりますので節税することができます。

ここで、事業所得3,000万円の場合、個人事業主と法人では、どのくらいの税金の差があるのかをみてみましょう。

個人事業主

法人

利益
“会社設立をすると、住民税も得するかもしれません” の詳細は »