財産

自己破産における裁量免責とは

破産法で定める「免責不許可事由」がない場合は、裁判所は免責の決定をしなければなりません。

 個人が破産をした場合には、免責の決定があって初めて債務(借金)がなくなります。
自己破産をする目的は、免責決定をもらうことにあります。
“自己破産における裁量免責とは” の詳細は »

裁判所から「支払督促」が届いたら

裁判所から支払督促などの書類が届いたにも関わらず放置してしまったら、基本的に相手の言い分がすべて通った形で判決となってしまいます。

返済することができず支払いが滞っていたら、ある日裁判所から書類が届いた。
そんな時どうしたらよいのでしょうか。
“裁判所から「支払督促」が届いたら” の詳細は »

破産管財人の仕事と役割について

破産管財人は、破産申立人の財産の管理や調査・評価・換価・処分を行い、各債権者に債権額に応じて配当手続きを行います。

破産管財人とは、破産手続開始決定が下りた場合に、裁判所が選任する弁護士(普通は裁判所に選任候補として登録されている弁護士)のことです。
破産者に財産があると、裁判所は破産管財人を選任(通常、裁判所に選任候補として登録されている弁護士がなる)し、その手続に当たらせます。
“破産管財人の仕事と役割について” の詳細は »

生命保険金は相続財産か

生命保険金が相続財産なのか、そうでないなら特別受益とみなされないのか

生命保険をかけられている方は沢山いらっしゃいます。この生命保険は相続財産となるのでしょうか。

被相続人の死亡により、生命保険を受け取るには、その受取人に指定されていなければなりません。
“生命保険金は相続財産か” の詳細は »

退職金はだれが受け取るのか

死亡退職金の受取人は誰になるのか、また相続財産と考えられるのかという点について考えてみましょう。

労働者が死亡した場合、就業規則などで規定した退職金が特定人に指定してある場合があります。この時、特定人に指定してあるのは多くの場合配偶者とされています。

さて、この配偶者ですが、内縁の関係でも退職金は支払われるのでしょうか。
“退職金はだれが受け取るのか” の詳細は »

行方不明の相続人がいたとき

相続が開始され、相続人のうち行方不明となっている人がいた場合はどのように対処したらいいでしょうか

家族がなくなり、相続人の調査をしてみると、知らなかった異母兄弟がいたり、存在を知っていても長年音信不通で行方不明になったりしている相続人がいる場合があります。
“行方不明の相続人がいたとき” の詳細は »

相続人が不在の時

相続人がいない時にその相続財産はどのような手続きを経て国庫に帰属するのでしょうか

親戚等の身寄りがない方が亡くなられた時、その財産はどうなってしまうのか気になるところではないでしょうか。高齢化社会、核家族化、そして独居老人が増え、相続人不在の件数も徐々に上がってきています。相続人がいなければ直ぐに国の財産になってしまうと思われるかもしれませんが、約1年をかけて以下のような手続きがされています。
“相続人が不在の時” の詳細は »

同時に二人の相続があったときの遺産分割協議とは

同時に複数人の親族が死亡した場合、その相続の範囲や順位はどうなるのか

楽しい旅行のはずが、突然の事故に見舞われ、母と弟が亡くなるという悲劇にみまわれた。ということを耳にすることがあります。突発的な事故はいつどこでどの様な形で訪れるのか予想もつかないものです。遺産分割協議書は相続人全員で作るもの、では、下のようなときどうするのか。
さて、このように同時に複数の人が亡くなった時、その相続はどの様に行われるのでしょうか。民法上では、このような複数の人が死亡した時、先に死亡した者が明らかでない場合は、それらの者は同時に死亡したと推定し、同時死亡者間では互いに相続が生じないようになっています。
“同時に二人の相続があったときの遺産分割協議とは” の詳細は »

任意整理にという手段の進み方を知る

任意整理は債務整理の中でも簡単にトライできるが、確実な内容にするためにも専門家(認定司法書士、弁護士)に相談してサポートを貰うことをおすすめ。

債務整理の中で、任意整理も専門家に相談するのが良いといわれています。

その理由をココでメリットとしてお話ししておきましょう。まず、任意整理は、裁判所が関与しないで行われる債務整理の方法のことです。私的整理ともよばれています。
“任意整理にという手段の進み方を知る” の詳細は »

相続と不在者財産管理人選任の申し立てとは

生死が不明な人の代わりに財産管理人を 選任することによって相続の遺産分割協議などを行うことができます

不在の事実を証する資料(不在者の戸籍附票謄本など)・・・・利害関係を証する資料・・・・財産目録、不動産登記簿謄本各1通※場合によっては、ほかの資料の提出を要求されることあり。
“相続と不在者財産管理人選任の申し立てとは” の詳細は »

« 過去の記事