請求

遺留分の減殺請求権の濫用とは

遺留分減殺請求権の行使は、信義に従い誠実を旨としなければならないとされています。これに反するようであれば認められないこともあります。

本来相続人であるにもかかわらず、不公平な遺言が残され全く遺産を受け取ることが出来ない場合に、自分の遺留分を侵害する遺贈者に対し遺留分減殺請求権を行使することが出来ます。これは、残された家族が突然自分の家も生活資金も失ってしまわないように最低限の財産保証をしたものです。しかし、必ず認められるものではありません。
“遺留分の減殺請求権の濫用とは” の詳細は »

相続財産を一人に継がせる

遺言で自由に相続させることが出来ると言っても、遺留分があるので難しい。そんな時に使える方法

自分が亡くなってからの事を考えて、法定相続分ではなく遺言で分与を指定したいと考えた時、遺留分が気になります。そこで、次のような例を考えてみましょう。
“相続財産を一人に継がせる” の詳細は »

相続放棄をしたものがいる時の相続分

相続放棄した場合、その財産はどの様に分与されるのでしょうか。

相続が発生し、その財産を引継ぎたくない場合、相続放棄という方法がありますが、相続放棄には借金などのマイナスの財産を引継がなくてもよい代わりに、被相続人と一緒に住んでいた家の名義人が被相続人であれば、
“相続放棄をしたものがいる時の相続分” の詳細は »

遺留分を解説してみると遺言の注意点が出る

遺留分とはどんなものなのか?またその権利は誰が持っているのでしょうか

遺留分とは、「残された家族に対して最低限保証される財産」のことです。

相続が発生した場合、通常民法で定められている一定の相続人がその財産を分割して相続しますが、被相続人(亡くなった人)が遺言を残していた場合、その内容が優先されます。もし、その遺言の内容が、赤の他人に全財産を与えるなどといったものであった場合、残された家族が被相続人の財産に依存して生活していたとしたら、直ぐに生活に困窮してしまうという事も考えられます。
“遺留分を解説してみると遺言の注意点が出る” の詳細は »

撤回された遺言は相続ではどうなるの?

相続では公正証書遺言の場合には、遺言者が保管する正本を破棄しても撤回とはみなされず、原本を破棄する必要があります。

(撤回された遺言の効力)
第千二十五条  前三条の規定により撤回された遺言は、
その撤回の行為が、撤回され、取り消され、又は効力を生じなくなるに至ったときであっても、その効力を回復しない。
“撤回された遺言は相続ではどうなるの?” の詳細は »