調停

遺産分割協議が出来ないとき

遺産分割協議が進まない、出来ないといった状況の時、調停や審判などの申立てをします

遺産分割協議が何らかの理由でできない時、家庭裁判所にて調停もしくは審判を申し立てます。本来は相続人同士で円満に協議できるのが一番ですが、分割の難しい相続財産ばかりだとか、共同相続人の関係が複雑であったりした場合、第三者の機関を入れることにより、解決へと進めます。
“遺産分割協議が出来ないとき” の詳細は »

遺産分割協議を家庭裁判所に申立てする

遺産分割協議の調停や審判はどの様になされるのか。また、相続人が揃わない時の対処は

遺産分割をしようと思っても、遺産の中には様々なものがあり、それぞれの相続人の遺産に対する利害関係や価値観などの違いから分割協議がなかなか纏まらないことがあります。分割協議が纏まらない時は家庭裁判所に調停の申立てをするか、審判の申立てをすることになります。
“遺産分割協議を家庭裁判所に申立てする” の詳細は »

相続の時、商品の価格はどう算出するのか

相続では様々なものが対象となり、商売を行っている家庭ではその商品一つ一つが相続の対象として評価されます

父が亡くなり相続人の母・長男・長女がそれぞれ相続人として財産を相続することとなりました。父は商売を行っており、その商売は両親と折り合いの良かった長女が継ぐこととなりました。ところが、遺産分割協議も終わらないのに、長男が自分の法定相続分である財産の4分の1を支払うか、商品の小売価格を見積もりその金額に見合う現物を引き渡すよう要求してきました。どうしたらよいでしょうか。
“相続の時、商品の価格はどう算出するのか” の詳細は »

相続の遺産の分割協議というものの位置づけとは

横浜の遺産分割協議は専門家にお任せください。ただし、信用できるところに行ったほうがいいでしょう。

相続人全員で遺産分割協議をして、どのように配分するかを決めます。民法でも、”法定相続分”という配分の割合が定められていますがこの遺産分割協議の方を優先しています。

例えば、配偶者と長男、長女が相続人の場合、民法では配偶者1/2、長男1/4、長女1/4の配分です。
“相続の遺産の分割協議というものの位置づけとは” の詳細は »

仲良しだったのに相続で分割協議がまとまらない

遺産分割協議で揉めているときは、まず各地の家庭裁判所にある家事相談室に相談してみるのも方法です。

遺産分割協議は、全員の賛成がなければ成立させることができません。

協議中にそれぞれが自分に有利な分け方を主張して、争いになることも大いにあります。
そのため、法定相続分によって、基礎の分割内容を法律で導いているといっていいでしょう。
“仲良しだったのに相続で分割協議がまとまらない” の詳細は »