訴訟

気軽に司法書士事務所に依頼してみよう

昔、消費者金融に借入があった方、思い出したくない過去かもしれません。 でも、完済から10年以内なら、過払金があるかもしれませんよ。

過払金の請求を専門家に依頼するときに、弁護士と司法書士、どちらに依頼
しようか迷うところでしょう。

“気軽に司法書士事務所に依頼してみよう” の詳細は »

過払い請求は誰に頼めばいいのだろう?

安心して債務整理を依頼できるところを選びましょう。

一般的には弁護士さんは訴訟等の代理人、司法書士さんはその法律にかかる文書の作成や登記等手続きの代行をするのが仕事です。

しかし、簡易裁判所の訴訟代理等関係業務にかかる認定を法務大臣から受けた司法書士は名前のごとく簡易裁判所の訴訟に関しては代理人を務めることができ、他には調停、裁判所以外の民事の紛争も代理人として業務を行うことができます。
“過払い請求は誰に頼めばいいのだろう?” の詳細は »

過払い金訴訟はどこにどう起こすの?

過払い金請求訴訟はどこにどうやって訴訟を起こすのかを明確にしつつ 自分が債務整理でそろえた書類などを筆頭に自分に優位に進めるべく専門家と相談しましょう。

過払い金請求は債務整理において自分の過払い金が発生していると解った際に

あなたが原告、消費者金融等が被告として訴訟を起こします。
“過払い金訴訟はどこにどう起こすの?” の詳細は »

過払い金請求で、みなし弁済を恐れない!

みなし弁済とは、利息制限法の法定金利を超える利息を任意で支払った場合(いわゆる過払い金)は返還しなくてもいいという制度

消費者金融(サラ金)が良く手として使う、「みなし弁済」とはどんなことを
さすのでしょうか?
“過払い金請求で、みなし弁済を恐れない!” の詳細は »

過払い金は裁判を起こさないと戻ってこない!?

取引履歴がすべて明らかになっていれば過払い金返還訴訟で負けることはありませんから、心配することはありません。

一般的には裁判を起こさずに過払い金に利息をつけて
全額を消費者金融から返還させることは、ゼロの確率ではありませんが
比較的難しいことといえます。
“過払い金は裁判を起こさないと戻ってこない!?” の詳細は »

過払い金返還訴状を作ってみよう!

過払い金の返還訴状を自分書くのは、難しそう・・・と思う必要はありません。インターネットなどでもひな形が作成されていますので誰でも内容を変えるだけで作成が可能

自分で訴状を書くのは、難しそう・・・
と思う必要はありません。
インターネットなどでもひな形が作成されていますので
誰でも内容を変えるだけで作成が可能です。
“過払い金返還訴状を作ってみよう!” の詳細は »

過払い金返還の流れを伝えたいです

こうした過払い金の返還は、任意整理をはじめとする債務整理手続きの中で行われてきたのですが、昨今は、完済した後に過払い金の取り戻しを試みられる方も増えてきました。

任意整理のところでもお話したとおり、クレジット会社や消費者金融との取引が長期間に渡る場合、過払いと呼ばれる状態になっていることも珍しくありません。
利息制限法に違反した支払う必要のない利息を払い続けているうちに、完済を通り越して居る状態なわけです。いわゆる「払いすぎ」になっています。これは消費者金融にお金を預けている状態ですから、当然、払い過ぎた利息を返してもらうことになります。
“過払い金返還の流れを伝えたいです” の詳細は »

返還の請求と取引の履歴がない場合の方法

サラ金業者が取引経過を開示しない場合に、手元にある契約書や領収書などの資料、当時の記憶をもとに推定して引き直し計算をし、払いすぎた額の請求額を算出する方法

払いすぎた額の返還請求をする際に必要となる取引経過(取引履歴、取引明細書)ですが、
サラ金業者がどうしても開示したがらない場合、どうすればいいでしょうか?
“返還の請求と取引の履歴がない場合の方法” の詳細は »

払いすぎた利息を取戻そう!

取引期間が長ければ長いほど、今現在の借金・・・実は、ゼロになってしまうかも

前回の続きですが、一般に取引期間が4年ほどで借金は半分以下に、6年以上かかっていればほとんど借金はゼロ近くになっているかもしれません。
もし、取引期間がそれ以上(7年以上)であれば、あなたは過払いのお金をサラ金に返していると思って間違いないかもしれません。
“払いすぎた利息を取戻そう!” の詳細は »