裁判所

相続人の中に未成年者がいる場合

遺産分割協議をする際に、母親は未成年の子どもの代理人になれるのか?

未成年者は、単独で遺産分割協議をすることはできませんので、
父親が亡くなって、母親と未成年の子どもが相続人になった場合は、
母親が代理して、協議をすれば良いのではないかと思いがちですが、
母親が自分に有利な内容にしてしまうなど、母親と未成年の子どもとでは
利害が対立する関係になるので、母親が未成年の子どもの代理となることは
できません。
ではいったいどうすれば良いのでしょうか?
“相続人の中に未成年者がいる場合” の詳細は »

任意整理のメリットをいくつか紹介します

任意整理は、他の債務整理手続きに比べて制限等も少ないので、敷居の低い手続きであるといえます。

借金の整理をする人の中でも、一番多くの人が行なっているのが「任意整理」です。

①任意整理のメリット
まず、裁判所を通さない方法であることがメリットだといえます。
貸金業者との間に司法書士が入りますので、直接やり取りをする必要もありません。

“任意整理のメリットをいくつか紹介します” の詳細は »

債務整理の中の特定調停の意味と意義

債務整理の特定調停は返せない人は合意せず、次の手段を弁護士や司法書士と相談したほうが良い。自己破産可個人再生手続きなども検討することです。

債務整理の特定調停は借金が圧縮されるものではありませんし、自己破産のように支払いが免除されるものではありません。毎月の返済に充てる資金繰り計画を確保し、無理のない返済計画を形成するためのものだけなのです。
“債務整理の中の特定調停の意味と意義” の詳細は »

自己破産と債務整理について

債務整理の自己破産が全てを失うイメージの人も多いようですが、前向きな制度なのでどうにもならなくなった際には専門家に相談しましょう。

自己破産とは債務整理方法のひとつで、裁判所へ申し立てをして借り入れたお金をなかったことにする手続きです。人生を再スタートするという意味で制定されています。自己破産というと、どうしても暗く人生おしまいであるというようなイメージが付きまといますが、自己破産手続
“自己破産と債務整理について” の詳細は »

会社を設立することと事業に失敗はべつの話

倒産状態となった会社の財産をすべて財産の 管理人のもと換価して、返済を続けることを 目的として行うのが法的整理です。

倒産した時の任意整理という私的な整理があります。
また法的に整理をすることもあり、
万が一事業が失敗しても任意整理では債務者と債権者が
協議して財産関係を処理することがあります。

“会社を設立することと事業に失敗はべつの話” の詳細は »