義務

任意整理と自己破産のちがいについて

自己破産は裁判所を通す手続ですが、任意整理は裁判所を通さず債権者と個別に交渉します

自己破産は裁判所からの認可をもらうための手続きです。
しかし、任意整理は裁判所を通さずに手続きをすることができます。
“任意整理と自己破産のちがいについて” の詳細は »

債務不存在確認訴訟を提起して借金を0にする

債務不存在確認訴訟において勝訴判決を得た場合は債務者はその後の支払いをする必要がありません。

債務不存在確認訴訟とは、多重債務・借金問題のついて争いがある場合に『借金はありません!』と債務者が主張して提起する裁判です。この訴訟は、借入先に対して一切の債務がないという事実を裁判所に認めてもらうという裁判です。
“債務不存在確認訴訟を提起して借金を0にする” の詳細は »

相続不動産の中に未登記の建物があったら?

未登記の建物を相続したら、速やかに表題登記と所有権保存登記をするのが良いです

遺産分割協議もまとまり、いざ不動産の登記をしようとした時
にその建物登記簿に載っておらず、未登記であることが判明したら
この建物はどうしたらよいのでしょうか。
“相続不動産の中に未登記の建物があったら?” の詳細は »

遺言書の内容はいつでも変更ができます

作った遺言書は後からでも書き換えや訂正をすることができます。

残された人たちのために一生懸命に作成した遺言も、考えが変わったり
相続させたい人のほうが先に亡くなってしまったり、後から変更が必要
になるケースがあります。
このような場合、取り消したり新しく作ることはできるのでしょうか?

“遺言書の内容はいつでも変更ができます” の詳細は »

会社設立と倒産

法人を作ることにより会社が詐欺などの刑事や民事訴追を受ける可能性が有る 場合も取締役の責任が訴追される場合も有ります。

会社の場合は、倒産しても、不況でも個人の財産は
守ることができます。

民事再生申請後、破産となり、倒産。
社員は民事再生時に、初めて会社の状況を知り、
自宅待機を命じられたままの倒産もあったと言います。
“会社設立と倒産” の詳細は »