給料

会社設立と給料について

個人事業主と会社設立で法人化するとで、家族に払う給料の注意点が異なりますよ。

青色事業専従者として家族が従事するための
要件としては

○12月31日現在の年齢が15歳以上であること

○その年、6か月を超える期間は事業に「もっぱら」従事していること

という要件があります。
“会社設立と給料について” の詳細は »

会社設立と個人事業主の給料の支払いについて

会社設立で法人になる場合と個人事業者の家族が事業に関して従事している場合、個人では、白色申告だと配偶者は年間86万です。

個人事業での親族への給与の支払いは原則経費としては、
所得税法では認められていません。

同じ生計を取っているもの、「生計を共にするもの」の
給与を必要経費として認められないわけです。
しかしあるケースの場合は特別に必要経費として入れることができます。

そのケースは白色申告の場合と青色申告の場合で異なります。

“会社設立と個人事業主の給料の支払いについて” の詳細は »

会社設立で家族に給料を支払って税金をやすくしよう

妻や父親、子供に給料を支払っている場合、配偶者控除や扶養控除などの面で、 個人事業主が会社設立を行って法人化するメリットはあるのか見ていきましょう!

妻や父親、子供に給料を支払っている場合、配偶者控除や扶養控除などの面で、
個人事業主が法人化するメリットはあるのでしょうか?

まずは、配偶者控除について見てみましょう。
配偶者控除とは所得控除のひとつで、
あなたと生計を一にする配偶者の前年の合計所得が38万円以下の場合に
差し引く控除のことです。控除の額は、配偶者の年齢などによっても違いがあり、
配偶者が70歳未満の場合は、所得税が38万円、
住民税が33万円の控除となります。また、70歳以上の場合は、所得税が48万円、
住民税が38万円となります。同居をしている特別障害者の場合は、別途金額が違ってきます。

“会社設立で家族に給料を支払って税金をやすくしよう” の詳細は »