経費

取り戻した過払金に税金はかかるのでしょうか

過払金として返還された金額のうち元金部分については税金はかかりませんが、利息を付して返還を受けた場合には利息部分に税金がかかります

過払金として返還された制限超過利息は、利息として支払った金銭のうち払い過ぎとなっている部分について返還を受けたものであり所得が生じたものではありません。このため、制限超過利息の支払額が各年分の各種所得の金額の計算上必要経費に算入されている場合を除けば課税関係は生じませんが、返還金に付された利息については、その支払を受けた日の属する年分の雑所得の金額の計算上総収入金額に算入する必要があります。

“取り戻した過払金に税金はかかるのでしょうか” の詳細は »

会社設立とサービス業はこんな関係だ

会社の場合は、自宅を事務所にしていても個人事業と違って専従者給与の場合、妻を扶養に入れることが可能です。

個人事業でクリエイティブ系に近くても
ある程度業務を行うための経費、設備などを必要とする
場合もあります。

たとえばカメラマン、スポーツ選手などは
カメラを使うための機材は高額ですし、なおかつ商売には
必須です。
“会社設立とサービス業はこんな関係だ” の詳細は »

会社設立と必要経費の関係性に関する記事

個人事業から法人化した場合、 仕事とは関係のない自宅の家賃であっても、 「役員社宅」という名目で経費にすることができます

自宅をオフィス兼用として使用している場合、

個人事業でも適切な範囲内であれば、

事務所家賃ということで必要経費として認められています。
“会社設立と必要経費の関係性に関する記事” の詳細は »

会社設立と交際費の管理について

会社設立で経営者の出張手当や生命保険料が企業の必要経費になったり、決算期を選んで消費税の納税額を少なくできたりといメリットたくさんです!

個人事業を法人化した場合、様々なメリットがあります。
経営者の出張手当や生命保険料が会社の必要経費になったり、
決算期を選んで消費税の納税額を少なくできたり。

しかし、法人化にはこのようなメリットばかりではなく、
マイナス面もあります。
その一つが、交際費が法人では全額必要経費とはならない、
ということです。
“会社設立と交際費の管理について” の詳細は »

会社設立と給料について

個人事業主と会社設立で法人化するとで、家族に払う給料の注意点が異なりますよ。

青色事業専従者として家族が従事するための
要件としては

○12月31日現在の年齢が15歳以上であること

○その年、6か月を超える期間は事業に「もっぱら」従事していること

という要件があります。
“会社設立と給料について” の詳細は »

特殊支配といわれる同族会社の規定

会社法が施行されたことで、非常勤役員であっても「事前確定届出給与」という扱いで、 あらかじめ定められている支給時期や支給額を税務署に届け出ることで経費として認められますよ

通常なら、役員報酬として社長が年2,000万円の報酬を受け取った場合、
給与所得控除は270万円になります。
“特殊支配といわれる同族会社の規定” の詳細は »

会社設立と必要経費

個人事業主は生計を共にしている親族への支払いについては経費として認められませんよ

個人事業主が生計を同一にしている家族に、給料を支払う場合は
さまざまに制約されることが基本となっていますが、条件を
満たせば、必要経費に計上することが可能です。

家族に給料以外の支払いをすることは可能でしょうか?
不可能でしょうか?


“会社設立と必要経費” の詳細は »