税金

準確定申告って、どんなことなのか?

きちんと理解したうえで、相続の手続きを行うと良いでしょう。特に税金関係は、よく確認して進めましょう。

通常、所得税の申告は、1月1日から12月31日までに発生した
収入に対して計算され、翌年の2月16日から3月15日の間に、確定申告と納税をします。


“準確定申告って、どんなことなのか?” の詳細は »

借金を返せない状況になったら考えること

債務整理により前向きな人生がスタートできるのなら思い切って専門家に相談してみるほうがいつまでも苦しまなくて済みます

借金を全額返済出来ない状況になったら債務整理をすることが生活の立て直しの第一歩です。

債務整理とは、多重債務などで返せなくなるという状況の債務者を、再生させるいくつかの再生方法のことを一般的に指します。債務整理
“借金を返せない状況になったら考えること” の詳細は »

会社設立で法人化して、税金で得をしよう!

個人事業を資本金1.000万円未満の法人を会社設立すると、 それから約2年間は消費税を払わなくてよく、その消費税分はすべて法人の利益に!?

■法人化:決算期を選んで消費税の納税額を減らす
1.消費税の支払い
この法人の決算期の設定は、消費税の支払におおきく関係するのです。
“会社設立で法人化して、税金で得をしよう!” の詳細は »

プロ要らずの会社設立と節税効果について

会社設立で所得税の累進課税で節税ができるようになります。

会社を作るとなると所得税の累進課税で節税ができるようになります。

所得に対して一律10%の税率をかけて計算することを
個人住民税といい、所得に関係なく計算されます。

所得税と住民税を足した税率が、法人税の実効税率以下に
なるように役員報酬の額を決めるようにすると、
役員報酬を調整して節税できます。


“プロ要らずの会社設立と節税効果について” の詳細は »

税金で損しないための会社設立

会社設立には常識があります。しかし、その常識を守ったために税務で損をする会社があるのです!それをしょうかいしましょう。

法人を作るには常識があります。しかし、その常識を守ったために税務で損をする法人があるのです!それをしょうかいしましょう。

1.「資本金は300万円妥当!」のウソとは?。

2.「取締役の任期は10年がいい」これでは損をする!?

3.決算月は12月がいい。本当に?

4.会社設立は行政書士が専門。本当に?


“税金で損しないための会社設立” の詳細は »