発生

遺言書が見つかっても執行者が死亡していることがある

遺言を作成しても効力が発生した時には、指定された執行者が死亡しているということがあります。

被相続人が亡くなり、公正証書遺言が見つかり、遺言執行者が
指定されていたけれど、執行者が被相続人よりも先にすでに亡くなっていることが
わかった場合にこの遺言書はどうなるのでしょうか。
“遺言書が見つかっても執行者が死亡していることがある” の詳細は »

なんだろう数次相続っての巻きですよ

とにかく、数次相続が発生すると、相続関係がややこしくなり、手続きが大変になり、精神的にも疲れます。

人が亡くなると相続が開始されます。
「相続人」が「被相続人(亡くなった人)」の財産を引き継ぐのですが,
相続人数人で,どうやって財産を分けるか決まらないうちに,その中の相続人が亡くなり,
最初の相続(一次相続)手続きが無事終了しないうちに,次の相続(二次相続)が開始されてしまったというケースを、『数次相続』といいます。
“なんだろう数次相続っての巻きですよ” の詳細は »

過払い金とは一体何なのでしょう?

過払い金とは、借金した額とその利息、それらの返済が本来ならば全部終っているのにもかかわらず払っている金額です。

サラ金やクレジットカードの毎月の返済には、誰しも頭を悩ますものです。請求されるままに返済しているのにいっこうに借りたお金が減っていかないと感じる人が、利用者のほとんどではないでしょうか?
“過払い金とは一体何なのでしょう?” の詳細は »

債務整理と抗弁とは・・

購入者が信販会社に対して支払いをストップする場合 販売業者との間に生じる摩擦やトラブルのことをさしますよ

① 第2条第3項第3号に規定する割賦購入あっせんに係る弁済金の支払については、当該弁済金
の支払が、その支払の時期ごとに、次の各号に規定する
ところにより当該各号に掲げる当該割賦購入あっせんに
係る債務に充当されたものとみなして、前条の規定を準用する。この場合において、
同条第1項中「第30条の2第1項第2号又は第5項第2号の
支払分」とあるのは「第30条の2第

いつまでに相続税の申告をするのがいいか

相続手続きにおける青色申告承認申請書も期限内に行いましょう。白色申告から青色申告への変更手続きは2カ月以内に行いましょう。

亡くなった被相続人との契約ですので借地契約の
変更をする必要があります。

基本的には契約条件はそのまま譲渡され、地主の承諾を
える必要もなく、名義変更料なども発生しません。

ただし地主への地代支払い義務もともないますから、
今後の相続する相続人状況を説明し、新しく
借地契約書を作りなおすのがベストだと思います。
“いつまでに相続税の申告をするのがいいか” の詳細は »

会社設立と確定申告について

会社設立で法人化すると、法人の青色申告での帳簿は、個人事業のように選択枝がなく、複式簿記のみになります

■法人の確定申告

しかし、法人となるともう少し複雑になります。自社で決めた各決算期末に、

1年間の会計処理・帳簿への記入を締めて、決算をし、原則その2ケ月後までに法人税、

地方税、消費税の確定申告をしなければなりません。法人にも、個人事業主と同じように、

白色申告と青色申告がありますが、ほとんどの法人は青色申告を採用しています。
“会社設立と確定申告について” の詳細は »

基本的な会社にかかる税金のこと

法人の設立と税金について、個人事業主と法人の違いを解説

個人事業の時には、自分で記帳をし税金申告をしていた方でも
法人税の申告になると、税理士などの専門家に依頼しないと
素人ではちょっと難しいものとなるでしょう。
“基本的な会社にかかる税金のこと” の詳細は »