消費税

事業者免税点制度と会社設立

消費税におけるいわゆる原則課税は、売上に係る消費税額と 仕入に係る消費税額の差額を納税する仕組みとなっています

当期が消費税の課税事業者であるかどうかは、
本人が選択する場合を除き、前前期(基準期間)の課税売上高が
1,000万円超であるかどうかによる。
この免税点の上限は、平成15年度の税制改正前は、
3,000万円とされていたが、課税ベース拡大といわゆる益税
(消費者の払った税金が事業者の手元にのこってしまうこと)
解消のため引き下げられた。
“事業者免税点制度と会社設立” の詳細は »

会社設立の判断基準

会社を設立しようと言う人は 最初の2年間が大事で、売り上げがどの程度 見込めるかを予想して、最初から会社にすべきかどうか という判断材料にすることもいいでしょう。

ここではどれくらいになったら会社にすれば
メリットが大きくなるかを見ていきましょう。
“会社設立の判断基準” の詳細は »

会社設立とサービス業 美容院経営などの場合

個人よりも法人の方が社会的信用があります。法人を作るのは資本金1円からでもできますよ!

エステや美容院、ネイルサロンなどは
店舗を構える必要があり、ある程度の
設備投資が必要です。

経費でもお客さんが増えれば人件費が
必要になりますね。
“会社設立とサービス業 美容院経営などの場合” の詳細は »

会社設立と消費税

会社設立後、約2年間は消費税を払わなくてもいいかもしれません。

■新設法人の消費税

 ・資本金が1.000万円未満の新設法人・・・設立1期目(1年目の決算)と2期(2年目の決算)の約2年間については、
特例として消費税を払わなくていい(=免税事業者)
となるのです。

つまり、個人事業を辞め資本金1.000万円未満の法人を設立すると、
それから約2年間は消費税を払わなくてよく、その消費税分はすべて法人の利益となるのです。

“会社設立と消費税” の詳細は »

会社設立と法人の消費税

個人でも私たちは買い物をすれば「消費税」を支払っています。では会社設立で法人になると?

個人でも私たちは買い物をすれば「消費税」を支払っています。
消費税とは、商品の販売やサービス提供にかかる売り上げに
対して課税される税金ということはみなさん、ご存じの通りです。

商品を買ったり、サービスを受ける私たちが負担し、
小売業やサービス業の事業者は国に納税する間接的な税金のことですね。
“会社設立と法人の消費税” の詳細は »