法定

相続した預金のおろし方について

亡くなった方の銀行預金を下ろすには相続人であることを証明する必要があります

母が亡くなった後、父が急病で入院し、入院費用が必要になりました。
兄弟の仲があまり良くないのですが、母名義の預金を下ろすことはできるのでしょうか?
“相続した預金のおろし方について” の詳細は »

遺留分とは

遺留分とはどんなものなのか、相続人によって違う遺留分を具体例で紹介

人は自分自身の財産を自由に処分でき、これは生きている間だけではなく、亡くなってからも自由に処分できるのです。ですから遺言で、1人の相続人だけに遺産を残すと指定することも出来るし、家族にお金なんか残さない全部寄付してしまえと思いきった方法を考える方もいるでしょう。
“遺留分とは” の詳細は »

預金の支払を差止めは可能か

預金のみの相続で揉めた場合、相続人の一人が勝手に遺産を手にしないようにする為にはどうするのか

ご家族が亡くなって遺産分割をする段になった時、生前贈与などで上手に資産を分けていらっしゃる方や、女性の方でご主人が亡くなった時の相続財産をお子様の方へ出来る限り相続させ、必要な預貯金だけを残されたという方がいらっしゃるかと思います。
“預金の支払を差止めは可能か” の詳細は »

法律で定められている財産

相続財産は法律で定められていますが、法定相続分通りとは限りません

相続財産の分け方は法律で決まっていますが、必ずしも法律通りとは限りません。相続人同士、諸事情を鑑みて相続人全員が同意すれば法律で定められている相続分と違う割合で相続してもいいのです。中には、相続放棄される相続人もいることでしょう。

また、遺言書を被相続人が残していれば、その遺言に書かれている相続割合や指定に従って相続することになります。

しかし、
“法律で定められている財産” の詳細は »

配偶者に認められている非課税の枠がある

配偶者に対する優遇措置、配偶者非課税枠とはを遺産分割の観点から述べる

相続税では、残された配偶者の生活の安定や、夫婦で協力して財産を築き上げてきたことなどを考え、配偶者に対する相続税の控除があります。
“配偶者に認められている非課税の枠がある” の詳細は »

まず戸籍をとって相続人を確定して協議する

民法では、相続人については法律上定めています。その定められた相続人を法定相続人といいます。

被相続人の死後は相続人によってその遺産をどのようにするか、遺言がなければ協議により決定します。これを相続協議と呼びます。

もしその中で放棄したい相続人がいれば相続放棄申述受理証明書を発行して相続登記申請をします。
“まず戸籍をとって相続人を確定して協議する” の詳細は »