法人

農業経営を続けるための、法人化

農地の分割を避けるため、家業である農業生産法人にする

農業を生業としている人が、自分が被相続人となった時の事を考えると、家族で経営していた農業をそのまま続けられるかどうかが心配となることでしょう。

農地を全て長男に継がせてしまおうと、遺言状で相続人の一人に継がせると指定しても、遺留分がある為全てを継がせることは困難です。
“農業経営を続けるための、法人化” の詳細は »

会社の責任の所在はどこの誰にある

会社が倒産したら家族や相続にも影響がある

株式会社の責任は、株主にあります。
もちろん、会社は別人格ですので、
負債は個人にはかかってきません。

現在の景気の中では売上が半分以下となる会社はたくさんあります。
売上が半分以下になろうとも必ずしも
倒産となるわけではありません。
“会社の責任の所在はどこの誰にある” の詳細は »

クーリングオフと債務整理その2

悪質な訪問販売等を金融面で支える面があるなど、クレジット取引の中でも消費者トラブルが生じやすいものもあります。

たとえばクレジット契約の購入の場合でも要件によってはクーリングオフが可能です。

クーリングオフができる場合
1:指定商品、指定権利、指定役務
の割賦販売行為であること。
2:営業書等以外でなす割賦販売行為であること
3:契約書面を受け取った後、クーリングオフがあることを
知らされた日から数えて8日目までには行使すること。
4:書面によって業者へ通知すること。
(電話などではダメで内容証明〒によるものなどにする)

クーリングオフできない場合
1:営業所で契約の申し込みをした、あるいは指定商品以外の割賦販売行為である

2:撤回、解除の期間である8日が経過したとき
3:政令で指定された商品を使用したり、一部消費した場合

「2ヶ月以上かつ3回払い以上」の支払い方法が法律の規制対象となります。
○個別クレジットへの登録制導入等
個別信用購入あっせん

(以下、「個別クレジット」という。)は、
悪質な訪問販売等を金融面で支える面があるなど、
クレジット取引の中でも消費者トラブルが生じやすい。

行政が監督・監視を行う。
具体的には、登録要件として、一定の財産的基礎を有していること、貸金業法に違反して罰金を科された法人や暴力団員が介入しているような法人ではないこと。

割賦販売法の遵守や苦情処理のための社内体制が整っていることなどが必要。
登録後も行政による立入検査や帳簿・書類の徴求等ができる。

○個別クレジットにおける加盟店管理義務等
個別クレジット業者に対し、販売業者の勧誘行為についての調査を義務付けました。
調査の結果、不適正な勧誘があったと認められる場合、個別クレジット業者が消費者への与信を行うことは禁じられる。

売り上げと会社設立

消費税を簡易課税で計算する場合は サービス業の「みなし仕入れ率50%」として計算します。

コンサルタントやデザイナーなど品物ではない
サービス業の場合、いわゆるクリエイティブな
職業は事業を行うにも大きな設備投資や
事務所を構えたりしなくてもすぐに行えることや
商品の仕入れもないので、売上原価もゼロですから、
利益率はよい事業ということができます。

売上に対して経費がほとんど発生しないのも
そのあたりは製造業や仕入れがある業種とは
少し違うところでしょう。

“売り上げと会社設立” の詳細は »

サービス業と会社設立

法人のメリットは、社会的信用が高いことです。 また、大会社においては法人としか取引をしないところも 数多くあります。

株式会社は記帳については、当たり前で
個人事業主は、税務署での青色申告で、無料で相談可能です。

経理面については、株式会社にすると経理を
しっかりしなくてはならないです。
税務申告は素人ではかなり難しいですから、
税理士と契約しなくてはなりません。
個人事業主ですと経理は小遣い帳の感覚で済んでしまいます。
税務申告は税務署の方の指導で出来ると思います。
“サービス業と会社設立” の詳細は »

法人の方が有利な助成金

創業や異業種への進出時には新たな従業員が必要となってきます。その雇い入れに対する助成金で、年間で850万円までの助成金を受けることができます。

例えば創業、異業種への事業進出に関する助成金である『中小企業基盤人材確保助成金』というものがあります。創業や異業種への進出時には新たな従業員が必要となってきます。その雇い入れに対する助成金で、年間で850万円までの助成金を受けることができます。「創業や異業種への進出」についてですが、実は法人であれば簡単にこの条件をクリアしてしまうのです。法人を設立したことが「創業」にあたりますし、法人の登記簿事項の「目的」を変更すれば、異業種への進出を公的に表明できます。


“法人の方が有利な助成金” の詳細は »

会社設立後の税務調査について

会社設立後、法人化した場合で売り上げがあがり調子であれば、3年から5年に1度の割合で税務調査になります。

調査官はプロですが、個人の技量に差があります。
また人間性も出てきます。調査官が不快に思うと「とことんやってやる」と思われることもあるのです。
出来るだけフレンドリーにして「ちっょとありましたが、指導にしておきます

しかし任意とはいえ、きちんとした調査の権利がある
税務職員は、納税者の調査にはとても慎重に行うことになります。

また取引関係なども調査され、銀行や取引先についても
調査が入ることもあります。
“会社設立後の税務調査について” の詳細は »

会社設立を行うと携帯電話や各種手数料は変わるのか見ていきましょう!

顧客獲得のために各社のサービスが過熱化していますから個人と会社設立後の法人のプランでは別のモノを用意しているのが各社とも普通です。

携帯電話の場合は、法人で契約する場合は
会社の登記簿謄本が必要です。
個人事業主が事業用に使用する場合であっても
屋号を登記していない限り、屋号名義で購入できないことになります。
“会社設立を行うと携帯電話や各種手数料は変わるのか見ていきましょう!” の詳細は »

« 過去の記事