民法

相続放棄は相続人を守ってくれます

相続の方法を自由に選べる期間は「相続開始及び自己が相続人となったことを知ってから3ヶ月以内」です

人が亡くなると、その人が生前に持っていた一切の財産は、家族などの相続人が受け
継ぐことになります。その受け継ぐ財産には、不動産、現金、預貯金、株券などのプラ
スの財産だけではなく、借金などのマイナスの財産も含まれます。

そのため、プラスの財産よりも借金などのマイナスの財産のほうが多い場合には、そ
のまま全てを相続してしまうと、相続人が借金などの債務を返済しなければならないこ
とになります。
“相続放棄は相続人を守ってくれます” の詳細は »

意外にも過払い金に利息がつくのです

債務整理で過払い金が発生していたら、利息をつけて取り戻せます。取引履歴の開示を含めて専門家のサポートを得たり、法律知識を身につけて挑みましょう。

債務整理で過払い金の利息がつくことを皆さんご存知ですか?
“意外にも過払い金に利息がつくのです” の詳細は »

利息制限法の金利とグレーゾーン

利息制限法の制限利率を超えるため、民事上は違法ではあるが、 出資法等には違反しないため、刑事上は合法となる利率の範囲

通常、利息制限法による金利は元本 10万円の倍 年2割10万円以上100万円未満の場合 年1割8分100万円以上の場合       
“利息制限法の金利とグレーゾーン” の詳細は »

手続は遺言で厄介になることも相続によってはある

相続では、矛盾する部分があった場合は、日付の新しい遺言書の内容が有効とされます。

法定相続人については、民法によって細分に定められており、法によって定められた相続を「法定相続」といいます。被相続人相続される者の死亡によって相続は、開始されます。しかし、すべての家庭の事情にこの法律を当てはめられるるとは、限りません。こんなときに遺言が有効になります。それは家庭の事情を含めて、このような法定相続を遺言者によって変更できるからです。

遺言は、その効力によって家庭の実情にあった相続財産の分配が行うことが可能です。もめごとをおこさないようにするには、相続は遺言によってされることが望ましいといえるでしょう。家族が自分亡き後、相続で争いをすることは、被相続人も悲しいですね。そのために円滑な相続のための遺言が必要となってくるのです。争いを防ぐため、民法は遺言の要件を定めています。

1 全文が自筆である・・・・・用紙や使用する文字は自由です。しかし、全文を自分で書くことが必要です。ワープロやバソコンでの作成は無効となります。受遺者の氏名や不動産の所在地・地番・家屋番号は正確に書く必要があります。不動産の所在地・地番・家屋番号は登記簿や固定資産税納通知書など確認して書きましょう。

2 署名がある・・・・・遺言者との同一性が示せれば、芸名でも認められています。

3 押印がある・・・・・サインは無効。署名の直ぐ後に押印します。4 日付がある・・・・・年月日を用います。たとえば2通の遺言書が発見され、内容に矛盾する部分があった場合は、日付の新しい遺言書の内容が有効とされます。

こんな親切な相続のプロが横浜にいただね
家族で相続の精神的負担を乗り切ろうと色々調べたら相続手続支援センターにであったんだ。私は運がいい人間だと思ったよ。
www.souzoku-shien.net/

みんなで仲良く相続の方法について共有すべき

分割協議の成立条件は、遺産分割協議は相続人のうち1人でも反対する人がいれば成立しないこととなっています。

自由に使用して処分するためには、相続財産を具体的に分割し
各相続人の財産としなければなりません。民法では、
分割協議は「遺産に属するものや権利の種類と性質、または
各相続人の年齢や職業などの一切の事情を考慮する」と定めているのです。
相続人の間で協議して分割することが必要です。
“みんなで仲良く相続の方法について共有すべき” の詳細は »

相続人の確定をする時の作業の手順

被相続人の出生時から死亡までのすべての戸籍を取り寄せることで、法定相続人確定の手続きをすることができます。

まず相続人を確定します。それが証明された書類、書面を確認する必要があります。これに必要な証票が戸籍謄本です。被相続人の出生時から死亡までのすべての戸籍を取り寄せることで、法定相続人確定の手続きをすることができます。


“相続人の確定をする時の作業の手順” の詳細は »

相続の割合と民法のきまりごと

配偶者の相続割合は法定相続分の1/2以上と、どんなケースにおいても非常に高く設置されています。

そうぞくの割合は、民法で決まっている?

被そうぞく人(財産を残した故人)の財産をそうぞくできるそうぞく人は、配偶者と故人の血族のみです。そのそうぞくの割合は法律で決まっていて、配偶者がいるかいないか、子供がいるか、いた場合はその人数などによってそのそうぞく内容が異なってきます。
“相続の割合と民法のきまりごと” の詳細は »

単純に解説された相続と贈与について

生きているうちに相続の話をするのは不謹慎だと考える方もいますが、いざ被相続人が亡くなってからでは何かとゴタゴタするケースが多いのです

贈与は両者間の契約となるため、民法第550条では「書面によらない贈与は、各当事者が撤回することができる」となっています。ただし、履行が終わった贈与に関しては、この限りではありません。逆に考えれば、残された遺族に不服があったとしても、贈与契約を書面で交わしていれば、原則としてこれを撤回することはできないということです。
相続と贈与、死因贈与、遺贈の違いをまとめましたので参考にしてみてください。
“単純に解説された相続と贈与について” の詳細は »