権利

遺産分割の効力の発生時期とは意外に大事だ

遺産分割協議後から遡って発生する相続の効力を分っておかないと財産のことでもめてしまうから注意しよう。

遺産の分割は相続開始(被相続人の死亡の瞬間)より後になって行われるのですが、その効力の発生時期は分割が成されてから発生するのではなく、相続開始時に遡り発生します。
“遺産分割の効力の発生時期とは意外に大事だ” の詳細は »

相続の効力ってどんなものがあるのだろう

横浜のかたへ相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継しますよ。

(相続の一般的効力)
第八百九十六条 相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。
“相続の効力ってどんなものがあるのだろう” の詳細は »

相続のためにする生前行為

推定相続人に関する生前贈与や特別受益、事前の分配や、死因贈与、生命保険金の請求などが生前の手段としては 有効に使われているものです。

遺産分割とは、相続人および相続財産の範囲の確定などが前提とされていますがしばしば、争いごとを含んでいます。

被相続人は、生前に争いごとを防ぐ意味でも紛争予防としての遺言や生前の行為(贈与など)を行うことで相続が開始されていない生前から準備をしていく必要もあるでしょう。
“相続のためにする生前行為” の詳細は »

相続で上場企業の有価証券の評価はこんな計算だ

上場企業の有価証券の評価は株式の変動がありますが、被相続人が死亡した日の金額を目安にしたり、一定期間の平均金額を目安に評価することが一般的です。

上場企業の有価証券の評価は
株式の変動がありますが、死亡した日の金額を目安に
したり、一定期間の平均金額を目安に評価することが
一般的です。
“相続で上場企業の有価証券の評価はこんな計算だ” の詳細は »