控除

相続税の節約とはこういう仕組みを利用すればいい

相続税を少なくするための、生命保険や不動産の評価額差の利用

相続が発生した時、いったいどれだけの資産があるのか、誰がどれだけの取り分となるのかといった事と同時に、気にかかるのは税金のことではないでしょうか。
“相続税の節約とはこういう仕組みを利用すればいい” の詳細は »

遺産の総額から差し引きにならないものと相続の開始

被相続人に課税される税金で被相続人の死亡後相続人などが納付又は徴収されることになった所得税などなど

次のような費用は、遺産総額から差し引く葬式費用には該当しませんので引くことは出来ません。

(1) 香典返しのためにかかった費用
“遺産の総額から差し引きにならないものと相続の開始” の詳細は »

相続税の計算はいったどういう仕組みだ

遺産総額に加算された「相続時精算課税の適用を受ける贈与財産(2,500万円まで)」の価格に対する贈与税額。

次の人以外の人の場合には、20%が加算されます。ただし、被相続人の養子となったその被相続人の孫には、20%が加算されます。被相続人の配偶者被相続人の子 (養子となった実の孫は対象外)被相続人の親被相続人の子の代襲相続人としての孫法定相続分に応ずる取得費用
“相続税の計算はいったどういう仕組みだ” の詳細は »

相続で親の土地に子供が家を建てる

マイホームのための贈与は親は自分の相続税対策にもなりますし子供はローンの負担も減るといったメリットがあります。

親の土地に子供が家を建てた場合、そうしてしまえばもう必然的に相続問題は起こらない・・・・のでしょうか。
じつはそうでもありません。
この場合でも子供が必ず土地を相続できるとは限りません。
“相続で親の土地に子供が家を建てる” の詳細は »

事業者免税点制度と会社設立

消費税におけるいわゆる原則課税は、売上に係る消費税額と 仕入に係る消費税額の差額を納税する仕組みとなっています

当期が消費税の課税事業者であるかどうかは、
本人が選択する場合を除き、前前期(基準期間)の課税売上高が
1,000万円超であるかどうかによる。
この免税点の上限は、平成15年度の税制改正前は、
3,000万円とされていたが、課税ベース拡大といわゆる益税
(消費者の払った税金が事業者の手元にのこってしまうこと)
解消のため引き下げられた。
“事業者免税点制度と会社設立” の詳細は »

会社設立を行うと税金では、いろいろな控除があります。

会社設立で法人化をすれば、家族への給料は、配偶者控除と扶養控除、ともに条件に当てはまれば控除の対象となりますし、家族への給料は、個人事業主の時と違い、必要経費としても認められます。

扶養控除について見てみましょう。
扶養控除も所得控除のひとつで、所得税の納税義務者(あなた)に配偶者以外の扶養親族(子供や収入のない親など)がいる場合、その人数に応じて一定額を所得金額から差し引きます。条件は、あなたと生計を一にする親族のうち、前年度の合計所得金額が38万円以下の方がいる場合に控除の対象となります。控除額は以下の通りです。

一人につき 一般 同居特別障害者
一般扶養親族 330,000円 560,000円
特定扶養親族 450,000円 680,000円
老人扶養親族 380,000円 610,000円
同居老親等 450,000円 680,000円
“会社設立を行うと税金では、いろいろな控除があります。” の詳細は »