手数料

任意売却と競売の違いについて

任意売却と競売では売却価格の差が大きいので、売却後の残債は任意売却の方が競売より少なくなります。

任意売却と競売の違いを説明しましょう。
持ち家(不動産)を強制的に売却されるのが「競売」で、自主的に売るのが「任意売却」ではありません。
“任意売却と競売の違いについて” の詳細は »

このような仕組みなのが会社設立と法人登記です

会社設立には登記が必要になります。登記に必要な費用は定款作成・登記申請時に納める収入印紙。

まず、登記申請の前に『定款の認証』手続きをしなければなりません。
この定款は登記申請時に必要な書類の一つだからです。
定款とは、会社のきまりを定めたもので、最初に役員などで決めた会社の基本事項をまとめたものです。

株式会社を設立する場合は、公証役場にこの定款を持参し本店所在地にある公証人の認証を受けなければなりません。
認証手数料として5万数千円、収入印紙代として4万円、合計約9万数千円かかります。
平成19年4月より電子公証制度が利用できるようになりました。
この制度を利用した場合、印紙税がかからないため、収入印紙代4万円が不要となります。

“このような仕組みなのが会社設立と法人登記です” の詳細は »

メリットデメリット各種料金編

会社設立を行いますと、各種料金は高くなる傾向がありますが、費用だけに着目せず、メリットデメリットを考えて、みるといいかもしれません

■法人― 電話料金の設定が個人と違う?
個人事業を法人化することは、税金面などで有利なことがありますがデメリットもまたあります。
今回は、日常の業務で使用するサービスの中で、料金が法人化によりアップするものを取り上げてみましょう。
“メリットデメリット各種料金編” の詳細は »

会社設立を行うと携帯電話や各種手数料は変わるのか見ていきましょう!

顧客獲得のために各社のサービスが過熱化していますから個人と会社設立後の法人のプランでは別のモノを用意しているのが各社とも普通です。

携帯電話の場合は、法人で契約する場合は
会社の登記簿謄本が必要です。
個人事業主が事業用に使用する場合であっても
屋号を登記していない限り、屋号名義で購入できないことになります。
“会社設立を行うと携帯電話や各種手数料は変わるのか見ていきましょう!” の詳細は »