意思

遺言を書く際は遺留分に注意しましょう!

遺留分というものが民法上認められています。そのため、遺言を書く際には、遺留分に気をつけて書く必要があります。

自身の財産を、自分の死後どのように分けて欲しいという
希望をかなえてくれるのが「遺言」です。
“遺言を書く際は遺留分に注意しましょう!” の詳細は »

相続における失踪期間について定めがある

相続における普通失踪 - 失踪期間は不在者の生死が明らかでなくなってから7年間(30条1項)。 失踪期間は危難が去ってから1年間(30条2項)。

失踪期間は30条に定めがあり、

普通失踪 – 失踪期間は不在者の生死が明らかでなくなってから7年間(30条1項)。
特別失踪 – 失踪期間は危難が去ってから1年間(30条2項)。

利害関係人の請求
失踪宣告がなされるためには利害関係人の請求が必要です。
不在者財産管理制度の請求権者とは異なり検察官は請求権者となっていない
(第25条1項・第30条1項参照)。
“相続における失踪期間について定めがある” の詳細は »