必要

相続という手続きの落とし穴について

遺言を作成することによって、後に残された人の手続きが劇的に簡単になることもあります。細かいルールは専門家に相談しましょう。

自分がなくなった後に、相続人の間で、遺産分割の協議が難航しそうな時は、遺言書を作成しておくことをお勧めします。

しかしそれ以外でも、相続人の間で「遺言書を残してくれていれば」と、言われることもあります。


“相続という手続きの落とし穴について” の詳細は »

相続で良く聞く遺留分とは?

遺留分とは、一定の相続人が相続できる最低限の相続財産のことです。兄弟姉妹には遺留分はありません。

相続手続きでは、良く遺留分という言葉が出てきます。聞いたことはあるが、実際何のことだか分からない。そんな人も多いでしょう。そこで今回は、遺留分ということについて話していきたいと思っています。
“相続で良く聞く遺留分とは?” の詳細は »

ちょとまって!闇金から借りようとしてませんか

一時限りの営業や闇でこっそりと営業許可をダミーで取っているような業者はすぐにわかります

法改正をもとに、正当な理由なくして登録から6ヶ月以内に事業を開始しなかったり、6ヶ月以上事業を休止した場合は登録取り消しの対象となるという内容のように、一時限りの営業や闇でこっそりと営業許可をダミーで取っているような業者はすぐにわかります。いわゆる「いい加
“ちょとまって!闇金から借りようとしてませんか” の詳細は »

事前の調査を進めるにはわけがある

相続に欠かせない「事前調査」とは、1.相続人を確定すること。2.不動産に関する情報をまとめること。3.財産目録を作成すること。

相続において、何より大事な第一ステップ、それが私どもが「事前調査」と呼んでいるものです。
では、「事前調査」とは、どのような調査でしょうか。
下記にご説明しますね。
“事前の調査を進めるにはわけがある” の詳細は »

債務整理のなかで簡素な任意整理

任意整理は一番簡易でシンプルな債務整理です。もしあなたが該当する債務者であればまずはここをスタートとしてみましょう。

ここでは債務整理の中の任意整理がどういう手続きなのかをわかりやすく説明してみます。任意整理は債権整理の手続きの中で最も簡素な手続きといっていいでしょう。
“債務整理のなかで簡素な任意整理” の詳細は »

相続で発生する不動産の分割ってどんなものだろう

相続で土地の遺産分割を行う場合のポイントは土地の評価金額のことを語る

(不動産についての財産分離の対抗要件)
第945条 財産分離は、不動産については、その
登記をしなければ、第三者に対抗することができない。
“相続で発生する不動産の分割ってどんなものだろう” の詳細は »

会社設立と倒産

法人を作ることにより会社が詐欺などの刑事や民事訴追を受ける可能性が有る 場合も取締役の責任が訴追される場合も有ります。

会社の場合は、倒産しても、不況でも個人の財産は
守ることができます。

民事再生申請後、破産となり、倒産。
社員は民事再生時に、初めて会社の状況を知り、
自宅待機を命じられたままの倒産もあったと言います。
“会社設立と倒産” の詳細は »

会社設立で法人になると納税義務はどうなるか?

会社設立では、どのような税金がかかってくるのでしょうか?

法人の納税義務について次に知っていくことにしますね。

法人も当然税金を納めなくてはいけませんね。
売上高が1000万を超えない事業者は消費税を納めなくても
いいのですが、この1000万を超えたかどうかは
今年の売り上げ高ではなく、2期前の売上高で
判定されることになっているのです。
これを「基準年度」と呼び、会社の消費税の納税義務は
「基準年度」で決まります。
“会社設立で法人になると納税義務はどうなるか?” の詳細は »