廃除

廃除使って相続を自由にする

相続人の中には自分の財産を相続させたくない人がいることも。その人が廃除にあたるのであれば、家庭裁判所に申立てをする方法もあります。

子供がかわいくない親はいない。とはいうものの、世間に顔向けのできないようなことをし続け、自分たちにも暴力をふるう子供に対し、他の子供と同様に愛せるかと問われたら、戸惑いが生まれてくるかもしれません。相続を考える時、子供たちに平等に財産を残すしかないのでしょうか。
“廃除使って相続を自由にする” の詳細は »

家出した子供に財産を残さないようにしたい

相続財産を、子供に相続させたくないような理由があった場合、廃除する方法があります

親子の不仲は昔からあるものです。「親の心子知らず」とはよく言ったもので、親が掛ける愛情が必ずしも子供にとって喜ばしい事かどうか、またそれを素直に受け取ってもらえるかどうかは分かりません。


“家出した子供に財産を残さないようにしたい” の詳細は »

相続資格のない場合とは

相続資格のない場合の、相続放棄、相続欠格、廃除とはそれぞれどのような者を指すのか

遺産分割には、共同相続人全員で行います。相続放棄した者や、相続欠格事由のある者、廃除の審判を受けた者は含まれません。

相続放棄した者は、自らがその権利を手放したので相続人からはずされるのは当然でしょうが、相続欠格事由のある者、廃除の審判を受けた者はどういうものでしょうか。
“相続資格のない場合とは” の詳細は »

廃除による相続権の侵害

廃除の申し立てが棄却、遺産分割後に相続人が増えた時相続回復請求権により再度遺産分割協議は行われるのか

正当な相続人であるにも関わらず、相続の資格を失うケースが2つあります。一つは「廃除」ひとつは「欠格」です。

「廃除」は被相続人に対し、虐待していたり、迷惑をかけてばかりいたというような事実が家庭裁判所にて認められれば相続人から廃除されます。これに対し、
“廃除による相続権の侵害” の詳細は »

相続税が課税されるかのチェックをしよう

代襲相続の場合には、誰がどのような位置づけにあるのかを見ておく必要がありますよ

1)課税遺産総額
課税遺産総額=上記の差引課税価格((1)-(2)) - 基礎控除額
(基礎控除額 = 5,000万円 + 1,000万円 × 法定相続人の数)これより少ない場合(基礎控除額)は課税されませんので注意してください。
“相続税が課税されるかのチェックをしよう” の詳細は »

推定される相続人の廃除の取消し

被相続人は、いつでも、推定相続人の廃除の取消しを家庭裁判所に請求することができる。

894条 1項 被相続人は、いつでも、推定相続人の廃除の取消しを
家庭裁判所に請求することができる。
2項 前条の規定は、推定相続人の廃除の取消しについて準用する。
“推定される相続人の廃除の取消し” の詳細は »

度を越す行為には相続の欠格という決まりがある

相続欠格は、許すべきでないと考えられる重大な不正・非行をした者の権利を、失わせること。

相続欠格は、相続を許すべきでないと考えられる重大な不正・非行をした者の相続権を、失わせること。相続欠格となる場合・・・・・
①被相続人や相続について先順位または同順位にあるものを故意に殺しまたは殺そうとしたために、刑に処せられた者。
②被相続人が殺されたことを知りながら、それを告訴・告発しなかった者。
“度を越す行為には相続の欠格という決まりがある” の詳細は »

相続放棄と代襲して受け継ぎをする権利について

相続放棄は代襲相続の要因とならないため、そ権利を放棄すれば、その子にも代襲の権利はないですよ。

相続開始以前に推定相続人が死亡している、
相続欠格理由に該当している、ということになると
代襲相続になります。
“相続放棄と代襲して受け継ぎをする権利について” の詳細は »