対象

相続で貸付た事業用宅地等の用件とは

相続開始前から申告期限まで引き続きその宅地等を自己の貸付事業の用に供していること。

(1) 被相続人の貸付事業の用に供されていた宅地等を取得した被相続人の親族が、相続開始時から申告期限までの間にその宅地等に係る被相続人の貸付事業を引き継ぎ、申告期限まで引き続きその宅地等を有し、かつ、その貸付事業の用に供していること。
“相続で貸付た事業用宅地等の用件とは” の詳細は »

個人事業主の税金(会社設立で法人とする場合の違い)

会社設立で法人化することで必要経費にできるのは給与の面だけではありません。

生計を一にする家族に仕事を手伝ってもらった場合、

これらの届け出をしなくとも支払った給料を必要経費にすることはできないのでしょうか?

残念ながら、現在の日本の法律では、どんなに優秀な税理士でさえ、

届け出をしない限り、生計を一にしている家族に支払った給料を必要経費にすることはできません。
“個人事業主の税金(会社設立で法人とする場合の違い)” の詳細は »