審判

遺産分割協議が出来ないとき

遺産分割協議が進まない、出来ないといった状況の時、調停や審判などの申立てをします

遺産分割協議が何らかの理由でできない時、家庭裁判所にて調停もしくは審判を申し立てます。本来は相続人同士で円満に協議できるのが一番ですが、分割の難しい相続財産ばかりだとか、共同相続人の関係が複雑であったりした場合、第三者の機関を入れることにより、解決へと進めます。
“遺産分割協議が出来ないとき” の詳細は »

本来の立場を失って相続できない人もいます

被相続人の死後、見つけた遺言を破棄・改変した場合は相続権を失うのでご注意ください!

立場上は相続人でも、相続できない場合もあります。
例えば、このようなケースです。
被相続人が亡くなったあと、相続人が遺言書を見つけました。
しかしこの遺言書に書かれている内容は自分にとって都合の悪い内容だったため、こっそり遺言書を破棄してしまいました。

このように、遺言を破棄した相続人は、相続権を失います。これを相続欠格と言います。
遺言を偽造、変造、隠匿した場合なども同様です。
遺言で財産を贈与(遺贈)することもできますが、上記のような人は遺贈を受ける権利も失います。
相続欠格となるケースは民法で定められており、このケースに該当すれば特別な手続なく相続権を失います。
その場合相続廃除という手続があります。相続廃除は、被相続人に対して虐待をし、もしくは重大な侮辱を加えたときか、その他著しい非行があったときに、家庭裁判所へ申立てをして家庭裁判所の審判によってその者の相続権を失わせることです。
相続できない場合の2つ目として、相続廃除という手続もあります。
相続廃除は、被相続人に対して虐待をしたり、重大な侮辱を加えたりと、
その他著しい非行があったときに、家庭裁判所へ申立てをして家庭裁判所の審判によってその者の相続権を失わせることです。

遺産分割について知っておくべきこと

遺産分割とは、相続人全員による遺産の共有状態を、最終的に誰が単独で取得するのかを相続人全員で決めることです。

人が亡くなると相続が発生します。相続が発生すると、亡くなった人の財産は当然に相続人に移転します。その時に複数の相続人がいると、亡くなった人の財産は相続人全員の共有状態になります。

遺産分割とは、このような相続人全員による遺産の共有状態を、最終的に誰が単独で取得するのかを決めることです。もちろん協議の結果、相続人全員の共有としても、問題ありません。

“遺産分割について知っておくべきこと” の詳細は »

相続の失踪宣告申立て手続き

相続でも7年以上不在者の行方がわからない場合は失踪宣告を申し立てると、不在者は死亡したものとみなされます。

7年以上不在者の行方がわからない場合は失踪宣告を申し立てると、不在者は死亡したものとみなされます。

家庭裁判所は、申立てを受けると必要な事実調査を行い、公示催告という公告手続を行います。
“相続の失踪宣告申立て手続き” の詳細は »

相続手続きにおける未成年の遺産分割協議

利害関係などの問題で子供の親が同じく相続人である場合など、子の相続の代理人になることはできない。

未成年が相続者の場合は特別代理人が選定される必要があります。
利害関係などの問題で子供の親が同じく相続人である
場合など、子の相続の代理人になることは
できません。未成年者と法定代理人の利益が相反する場合には
特別代理人の必要性が出てきます。

遺産分割の利益が相反する場合は次の通りです。

■親権者(または後見人)も共同相続人である。
“相続手続きにおける未成年の遺産分割協議” の詳細は »