契約

どのような場合に信用保証機関に載るのでしょうか?

過払い金請求を行った場合もブラックリストに登録される」と思われていますが、過払い金に限っては対象外とされています

一体どんなことをすればブラックリストに載るのでしょうか?
実際にはブラックリストなる一覧リストや名簿のようなものが存在するのではありません。
“どのような場合に信用保証機関に載るのでしょうか?” の詳細は »

債権者から訴状が届いた後でも債務整理できるか?

債権者としては、支払う意思が確認できれば、これ以上裁判で争う必要はないと考えるので早急に専門家に相談しましょう

借金を返済せずに放置していたら裁判所から訴状が届いてしまった。
このような場合どうしたらいいでしょうか?
“債権者から訴状が届いた後でも債務整理できるか?” の詳細は »

破産手続中の郵便物の転送について

破産法に基づき、破産者宛ての郵便物を管財人に転送することを「回送嘱託」といいます。

自己破産を申し立てて、それが管財事件になると破産管財人
が選任され、債務者宛の郵便物は全て破産管財人が管理する
事が法律で決まっています。
“破産手続中の郵便物の転送について” の詳細は »

利息と遅延損害金の性質について

利息は元本について発生するものですが、遅延損害金は債務不履行があった場合の損害賠償金なので利息とは性質が異なります

利息というのは、元本債権の存在を前提にして発生する元本の収入であるといわれています。
つまりこれはお金を借りた人はそのお金を使って利益を得ているのでその対価を支払いなさいということです。
“利息と遅延損害金の性質について” の詳細は »

個人間でお金を貸し借りした時の金利について

貸主より立場が弱いと考えられる借主が、借金地獄に陥ってしまうことのないように定められたルールが出資法や利息制限法です。

お金を貸し借りする際に利息を設定しておけば、家族や友人などにお金を貸す場合でも、利息を受け取ることができます。
個人間であれば、双方が合意すれば金利は自由に決められそうなものですが、自由に決められてしまうと借り主に不利な条件になる可能性があるため、利息の上限は法律で決められています。
“個人間でお金を貸し借りした時の金利について” の詳細は »

死亡保険金に相続税はかかるのでしょうか

誰が保険料を支払い、誰に保険をつけ、誰が保険金を受け取るかによって、課税される税金の種類は異なります

亡くなられた方の保険金・給付金を受け取るときには、税金がかかる場合があります。
課税される税金は「所得税・住民税」「相続税」「贈与税」のいずれかで、
保険金・給付金の種類や契約者、被保険者、受取人の関係で税金の種類が変わってきます。

“死亡保険金に相続税はかかるのでしょうか” の詳細は »

相続と死因贈与契約とは

遺言と良く似ている死因贈与ですが決められた方式で書かれなければならない遺言 に対し、死因贈与は契約であり口約束でもOKなので、相続でトラブルも

遺言と良く似ている死因贈与ですが決められた方式で書かれなければならない遺言 に対し、死因贈与は契約であり口約束でもよいのです。違いは「双方の合意」があるということです。
“相続と死因贈与契約とは” の詳細は »