原則

家督相続の制度とはどのようなものだったのか

旧民法では家督相続制度があったので、被相続人の死亡時期によっては相続方法が異なります。

相続の制度はこれまでにいくつかの変更をを経て現在の形式となっています。
中でも大きな変更は昭和22年の大改正です。
この時に従来の相続の方法であった家督相続制度が廃止となりました。

“家督相続の制度とはどのようなものだったのか” の詳細は »

任意整理とはどのような手続きなのでしょうか?

任意整理は、メリットが多くあるため、比較的手続を取りやすいのではないでしょうか?

借金の整理方法で、最もメジャーな方法が任意整理ではないでしょうか?
では任意整理とはどのような手続なのでしょうか?

“任意整理とはどのような手続きなのでしょうか?” の詳細は »

個人再生手続きの種類や内容について

個人再生手続とは,個人の方で借入金が高額になり、その返済ができなくなった方が,原則全ての債権者に対し、返済総額を少なくし,その少なくなった後の金額を原則3年間で分割返済するという再生計画案を作り,裁判所が問題ないと認めれば,今後はその計画どおり返済することで,残りの借入金(税金等を除く)が免除されるという手続です。

個人再生手続とは,個人の方で借入金が高額になり、その返済ができなくなった方が,原則全ての債権者に対し、返済総額を少なくし(実際どのくらい少なくなるかは下記を参照下さい),その少なくなった後の金額を原則3年間で分割返済するという再生計画案を作り,裁判所が問題ないと認めれば,今後はその計画どおり返済することで,残りの借入金(税金等を除く)が免除されるという手続です。もちろん将来の利息も免除です。

個人再生手続には,次の2つの種類が法定されています。


“個人再生手続きの種類や内容について” の詳細は »

単純承認とはいわゆる相続や遺産分割協議とちがうのか

単純承認とは何のことを指すのか。またそれは相続においてどのような行為なのか、遺産分割協議をこの時どうするのか

相続が発生した時、被相続人の財産を相続人が相続することになります。

この時、相続財産を全て(債務なども含む)を無条件に引き継ぐことを単純承認(単純相続)といいます。


“単純承認とはいわゆる相続や遺産分割協議とちがうのか” の詳細は »

過払い金で和解してみる

安易に和解しない 判決まで頑張って過払全額+遅延損害金まで勝ち取ってほしい。 訴訟費用まで相手から取って初めて100点 です!

和解の条件としては、

相手側は「過払額+利息」は認めると思いますが、

こちらは「過払額+利息+訴訟費用」を求めます。

訴訟費用は、
“過払い金で和解してみる” の詳細は »

個人事業主と法人との税金の申告の違い

会社設立で法人化すると、税金の申告はどうなるのでしょうか?

個人事業の賦課課税方式についてここでふれていきましょう。
会社員であった時は、自分で住民税を申告しなくても
給料明細から天引きをされていましたね。

これは市町村が住民税を計算して会社にいくらを天引きしてくださいという
通知を送っているので、そのように毎月ひかれるような形を
とっているのです。
“個人事業主と法人との税金の申告の違い” の詳細は »

債務を整理することと裁判事例について

しかし、もともと過払い金は、利用者であるあなたが支払ってきたお金です。 全額返してもらう権利があるのに、なぜ、5割で和解しなければならないのでしょうか?

ひとつの事例を見てみましょう。

平成18年の裁判では、昭和58年9月に初めての取引があってから3年半経った昭和62年3月の時点で、

すでに過払いとなっていたものの、平成14年1月末までの約15年にわたって、過払い状態を続けて返済をさせていました。

この場合、過払い金の額はいくらくらいになったと思いますか?


“債務を整理することと裁判事例について” の詳細は »