利益

期限の利益喪失と任意整理について

期限の利益を喪失して一括請求をされたとしてもまずは信頼のできる弁護士や司法書士に相談しましょう

期限の利益とは、期限が到来するまでは債務の履行を請求されないというように、
期限がまだ到来しないことによって当事者が受ける利益のことです。
“期限の利益喪失と任意整理について” の詳細は »

利息をカットして借金をゆっくり返済するために

利息制限法内での借入でも将来利息のカットに応じてもらえることはあるので任意整理するメリットはじゅうぶんにあります

借金を返済している人の中には、返済が困難になってしまっている方もいます。
任意整理において、弁護士・(認定)司法書士に依頼し、「受任通知(債務整理の依頼を受けたという通知)」
という書類が債権者に届くと、法律上すぐに借金の返済がストップして取立ても止まることになります。
“利息をカットして借金をゆっくり返済するために” の詳細は »

任意整理をした後で返済が困難になったら

任意整理で和解をした後に再び債務整理をすることは可能ですが、再度和解をすることはとても困難になります。

任意整理による和解が成立すると,その後は和解内容に従って借金の支払いをしていくことになります。

しかし,場合によっては,その後の状況の変化によって,借金の支払いができなくなってしまうということもあります。こういう場合はどうしたらいいのでしょうか?
“任意整理をした後で返済が困難になったら” の詳細は »

欠格やら廃除やら耳慣れない相続語がある

相続欠格と廃除の各事由と、その効力の及ぶ範囲について

法定相続人であっても、相続人となれない場合があります。
それは、被相続人から廃除されたもしくは、相続欠格事由がある場合です。(自らの意思で初めから相続人にならないと意思表示し手続きをすれば(相続放棄)その場合も相続人にはなりません)
この、「相続欠格」「廃除」とはどんなものでしょうか。
“欠格やら廃除やら耳慣れない相続語がある” の詳細は »

会社設立と役員報酬について

役員報酬は「定期同額」であることが規定になっていますので、これに該当しないものは必要経費として入れることができませんよ

役員へ報酬を支払ったり、家族へ給料を支払うことで
メリットとデメリットはどんなことがあるのでしょうか?
いろいろ見ていくことにしましょう

まずトータルすると税金面では節税メリットがあります。
“会社設立と役員報酬について” の詳細は »