利息

今更聞けない過払い金事情

平成21年以前に、利息制限法の法定利息を超える利息で借り入れがあった場合、過払金があるかもしれません。

「過払金」という言葉は、メディアを通してずいぶんと浸透してきました。
老若男女だれでも一度は聞いたことがある言葉となりましたが、さて、
その意味、理屈をご存じでしょうか。

“今更聞けない過払い金事情” の詳細は »

過払金が多く発生する理由について

過払金が発生する理由はいくつかあり、どのくらい発生するかはかなりの個人差があります。

過払い金が多く発生する条件をご案内致します。
過払い金は10年取引があればみな50万円発生というものではなく、どのくらい発生するかはかなりの個人差があります。
“過払金が多く発生する理由について” の詳細は »

ゼロ和解にメリットはあるのでしょうか

貸金業者とのゼロ和解をするメリットは、早期解決と裁判手続きの手間の節約のみです。

過払金の返還請求をしたところ、貸金業者から、双方債権債務なしという
和解が提案されました。これをゼロ和解といいます。
“ゼロ和解にメリットはあるのでしょうか” の詳細は »

任意整理のメリットをいくつか紹介します

任意整理は、他の債務整理手続きに比べて制限等も少ないので、敷居の低い手続きであるといえます。

借金の整理をする人の中でも、一番多くの人が行なっているのが「任意整理」です。

①任意整理のメリット
まず、裁判所を通さない方法であることがメリットだといえます。
貸金業者との間に司法書士が入りますので、直接やり取りをする必要もありません。

“任意整理のメリットをいくつか紹介します” の詳細は »

法律の改正とそのごの債務整理

消費者金融にとって、つらく、借り手にとってはいい改正かもしれませんね。

いろいろ変わる点を過剰下記にして見ましょう。

過剰貸付けの抑制(総量規制)
利息制限法改正(利息制限法所定の制限利率(15%-20%)と出資法所定の上限利率
“法律の改正とそのごの債務整理” の詳細は »

整理時には,経過利息及び将来利息を付けない

債務整理の中の任意整理と特定調停でどちらが自分に適しているのかを判断しましょう。

債務整理に置いて将来利息とは,和解時から完済するまで、例えば3年ないし5年の利息のことをいいます。
“整理時には,経過利息及び将来利息を付けない” の詳細は »

債務整理のなかで簡素な任意整理

任意整理は一番簡易でシンプルな債務整理です。もしあなたが該当する債務者であればまずはここをスタートとしてみましょう。

ここでは債務整理の中の任意整理がどういう手続きなのかをわかりやすく説明してみます。任意整理は債権整理の手続きの中で最も簡素な手続きといっていいでしょう。
“債務整理のなかで簡素な任意整理” の詳細は »

被相続人の預金について

①預貯金を預け入れた金融機関で相続開始日現在の②その時点の残高を確認する ③相続税の申告書は残高証明書を添付する

預貯金について

みなさんの預貯金はこのように計算します。
経過利子を含めた公式を見ていきましょう。
預貯金の評価額=預け入れ高+経過利子の額-源泉所得税額
手筈としては以下の通りです。
“被相続人の預金について” の詳細は »