債務

債務名義と時効の援用について

債務名義がある場合の時効は5年ではなく10年になってしまいます。

消費者金融などからの借入金は、最後に返済を行ってから5年で時効になります。
「借金は時効だから、支払はしない。」ということを消費者金融などに伝えれば、支払をする必要はなくなります。
“債務名義と時効の援用について” の詳細は »

債権債務の相続と時効

借金を相続したり、債権を相続した時の時効についてご紹介します

相続はプラスの財産も有れば、マイナスの財産も有ります。預貯金や土地建物等がプラスの財産なら、マイナスの財産は借金等です。人が作った借金を返す必要はないからと借金は相続しないが、プラスの財産だけを相続するという事は出来ません。
“債権債務の相続と時効” の詳細は »

相続における不動産の価値の見出し方のルール

相続において不動産の評価額の算出は通常価額と違っています

相続される資産にはさまざまな物がありますが、その内の一つに不動産があります。
相続財産として価格を算出する場合、「路線価」「固定資産評価額」といった価格を基に算出します。
“相続における不動産の価値の見出し方のルール” の詳細は »

相続人の欠格事由をあげる

推定相続人の廃除は、相続人となることができないというのではなく、法的にふさわしくないということで判決を下してもらうようなものです

以下の5つの要件にのいずれかに該当する相続人は、相続人となることができません。これに該当する場合は被相続人が家庭裁判所に申し立てや手続をとる必要もありません。遺言に関し次の者は、相続人の欠格事由になる(891条)。
“相続人の欠格事由をあげる” の詳細は »

相続と贈与についての数に強くなろう

相続人に養子縁組している子がいる場合には、実子がいないときは 2人まで、実子がいるときには1人を法定相続人の数に入れることが できます。

贈与税については110万円の基礎控除がありますので、その年中に贈与により取得した財産が110万円以下であれば贈与税は課税されません。
“相続と贈与についての数に強くなろう” の詳細は »