住宅ローン

たとえ過払金がなくても、債務を減らせる方法はあります(その2)

個人民事再生手続きは、再生手続開始の申立を管轄の地方裁判所に行うことで開始され、 再生計画の認可決定が確定することで終わります。

個人民事再生には3つの柱があります。
小規模個人再生、給与所得者等再生、住宅貸付金貸付債権に関する特則
というもので成り立っています。
“たとえ過払金がなくても、債務を減らせる方法はあります(その2)” の詳細は »

任意売却をするには

住宅ローンが残る相続不動産を売却する時にはどのような方法となるのでしょうか

大黒柱の突然の死、経済的にも、精神的にも追い詰められたような状況に陥ってしまう人が沢山いらっしゃいます。特に、個人事業や零細企業の事業主の方など、会社の連帯保証による債務や、個人の方に借財などをしていたなど、残された家族が相続の為に住んでいる住居を手放さざるを得ない状況になることもあるでしょう。
“任意売却をするには” の詳細は »

個人再生によってマイホームを守れます

債務整理において個人再生の制度を利用することで、借金の総額を最低100万円、あるいは概ね2割にまで圧縮し、これを3年ないし5年以内に返済できれば残りの借金の返済を免除することができます

個人再生は、債務整理のひとつの手段で住宅などの財産を手放すことなく、借金を減らすことができます。もちろん利用できる人には対象及び条件があります。
“個人再生によってマイホームを守れます” の詳細は »