予納金

たとえ過払金がなくても、債務を減らせる方法はあります(その1)

それは、個人民事再生という手続きを利用することです。 個人民事再生は、通常の民事再生手続きに比べると、その手続きがシンプルでしかもスピーディーです。

民事再生とは、基本的に債権者と債務者の話し合いにもとづいて、
債務者が完全に破綻してしまう前に、何とか再生が図れるように
することをめざした法律です。
“たとえ過払金がなくても、債務を減らせる方法はあります(その1)” の詳細は »

自己破産では財産を処分しなければなりませんが・・・

財産の有無では、申立人にめぼしい財産がない場合は裁判所が破産財団をもって破産者に価値ある財産がないとみなされた場合には同時廃止決定がなされます。

自己破産でめぼしい財産が無い場合の債務整理はどうなるのでしょうか?

予納金は、破産手続きを申し立てる際、裁判所に納付する金銭です。破産手続きのための費用を予納しなければならず、予納先は破産管財人の指定口座になります。ある裁判所では30万円で、まとめて支払えない場合は分割を希望できます。預貯金、生命保険の解約返戻金なども充当することが可能です。しかしこれらが納められない場合はどうするのでしょうか。


“自己破産では財産を処分しなければなりませんが・・・” の詳細は »