不動産

裁判所から「支払督促」が届いたら

裁判所から支払督促などの書類が届いたにも関わらず放置してしまったら、基本的に相手の言い分がすべて通った形で判決となってしまいます。

返済することができず支払いが滞っていたら、ある日裁判所から書類が届いた。
そんな時どうしたらよいのでしょうか。
“裁判所から「支払督促」が届いたら” の詳細は »

遺産分割に関する協議書の作成は争続を防ぐ

遺産分割協議書作成は不動産名義変更するために必要である他、家族の間で争いになるのを防ぐためにも必要です。なるべく早い段階で作成しましょう。

相続する財産に不動産が含まれる場合、不動産の名義を特定の誰かに変更するには、遺産分割協議書が必要ですが、相続人全員で共有するならば遺産分割協議書は必要ありません。また、遺産分割協議書の中で、不動産の価値をどう評価するは重要です。ここが間違ってしまうと、家族間のトラブルにつながってしまします。
“遺産分割に関する協議書の作成は争続を防ぐ” の詳細は »

相続財産の調べ方

相続するにあたって、亡くなった方がどのような財産をもっていて、いくらの価値があるのかを調べる必要があります。

亡くなった方がどんな財産をもっており、いくらの価値があるか調査をしないと、各相続人に名義変更することができません。 財産を調査した結果を目録にして、遺産分割協議書に記載します。 ?

“相続財産の調べ方” の詳細は »

被相続人の不動産はぜひ相続登記を!

被相続人名義の不動産は、相続登記を行なっておくことが大切です。

亡くなった方(被相続人)の財産は、相続人に相続されます。

不動産も財産のひとつなので相続されますが、その際には「相続登記」を行なっておいたほうが良いです。

相続登記とは、被相続人が所有している土地や建物などの不動産を、相続人名義に変更する手続きのことです。

(預貯金や株、美術品などは例外です。)

それでは、なぜ相続登記をしておくと良いのでしょうか。

“被相続人の不動産はぜひ相続登記を!” の詳細は »

いつ法律上の相続分の決定がされたのか

民法に定められている、相続人の相続分と遺留分について

被相続人の死亡と同時に相続が開始されます。その時、法律で定められた割合にて相続人がそれぞれ相続します。これを相続分といいます。しかし、被相続人が遺言を残している場合はその内容に従って相続分や相続人が決められます。但し、本来の相続人には最低限相続できる財産(遺留分)が法律で定められているため、全て遺言どおりということではありません。
遺留分は、直系尊属のみが相続人である時は、相続財産の3分の1、それ以外は相続財産の2分の1となっており、遺言が残されていない法定相続分通りであれば、その割合は相続人が誰かによって変わります。


“いつ法律上の相続分の決定がされたのか” の詳細は »

相続における普通遺言の種類別メリットとデメリット

相続には、財産はプラスのものだけでなく、マイナスの財産もあることを忘れてはいけませんよ

各種普通遺言の種類別メリットを見て行きましょう。
★自筆証書遺言・・・・・最も手軽に作成することができます。ただし、日付が記入されていないなど形式を満たしておらず無効となってしまうことや、家族すらその存在を知らず、故人の意向が聞き届けられない、法的に形式上無効となってしまう、紛失するなど手軽に簡単に作成できる裏には確実に有効になるというラインからは少しリスクが伴ったものといえます。
“相続における普通遺言の種類別メリットとデメリット” の詳細は »

優しい顔して怖いのが相続税の調査スケジュール員

相続専門の税理士に依頼すれば、安心して申告をすることができるでしょう。

●相続税の申告書は、被相続人の住所地の税務署に提出する
●早ければ1-2か月後、(遅くて2年以内)に税務署からの
調査の申し入れがある

●税理士に申告書の作成を依頼している場合は税理士経由で行われる

●税務調査・・・・・2名の調査官

ほぼ1日かけて行われる。
“優しい顔して怖いのが相続税の調査スケジュール員” の詳細は »

延納した際の相続税の節約方法

延納した相続税には利子が課税されます。これを売却による資金がえられた時点で一括金銭納付に切り替えます。

●短期譲渡所得・・・・所得税30%+住民税9%

●長期譲渡取得・・・・所得税15%+住民税5%

軽減税率

譲渡所得 6000万円まで  所得税10%+住民税4%
譲渡所得 6000万円超え  所得税15%+住民税5%

納税方法を工夫する

相続税は金銭による一括納付ですが、困難な場合は延納が
認められます。
“延納した際の相続税の節約方法” の詳細は »