マイホーム

たとえ過払金がなくても、債務を減らせる方法はあります(その2)

個人民事再生手続きは、再生手続開始の申立を管轄の地方裁判所に行うことで開始され、 再生計画の認可決定が確定することで終わります。

個人民事再生には3つの柱があります。
小規模個人再生、給与所得者等再生、住宅貸付金貸付債権に関する特則
というもので成り立っています。
“たとえ過払金がなくても、債務を減らせる方法はあります(その2)” の詳細は »

債務を自己破産という方法で整理する

債務整理のなかでも大きく分けると自己破産という手段もあるが、一般的な債務整理とは異なり、必要最低限のもの意外を失う可能性もあるため手段としては慎重を期す必要があります。

自己破産とは、債務者自身が裁判所に破産申し立てをすることをいいます。
“債務を自己破産という方法で整理する” の詳細は »