当センターの目からの相続について

遺言を書く際は遺留分に注意しましょう!

遺留分というものが民法上認められています。そのため、遺言を書く際には、遺留分に気をつけて書く必要があります。

自身の財産を、自分の死後どのように分けて欲しいという
希望をかなえてくれるのが「遺言」です。
“遺言を書く際は遺留分に注意しましょう!” の詳細は »

簡単な申請でお金がもらえる手続きもある

相続手続きと名のつく手続きは膨大にありますが、その中には、簡単な申請によってお金がもらえる手続きもあります。こういった手続きは忘れずに行いたいですね。

親族が亡くなり、バタバタと葬儀の準備に追われ、ようやく葬儀を終えたと思ったら、
次にやってくるのが相続手続きです。
“簡単な申請でお金がもらえる手続きもある” の詳細は »

相続財産を受けいれるかどうかは相続人の自由です

相続の承認には単純承認と限定承認があります。相続によって得た財産の範囲内で被相続人の債務を 負担するという条件付きの相続を限定承認といいます。

相続財産には積極財産と消極財産、言い換えればプラスの財産と
マイナスの財産があります。
“相続財産を受けいれるかどうかは相続人の自由です” の詳細は »

数次相続、代襲相続ってどういう意味なのでしょうか

相続のお手続をしないまま放置していると、数次相続がおこる可能性があり、お手続きが複雑になってしまう可能性があります。

「数次相続」や「代襲相続」という言葉を
聞いたことありますか?

“数次相続、代襲相続ってどういう意味なのでしょうか” の詳細は »

亡くなられた方の銀行預金の相続に必要な書類

銀行預金の相続手続きは、状況によって用意する書類が異なります。まずは現状を確認して、必要な書類を準備するようにしましょう。

銀行預金をお持ちの方が亡くなられた場合、相続人等が預金の相続手続を行います。
“亡くなられた方の銀行預金の相続に必要な書類” の詳細は »

前妻(前夫)との間にお子さんがいる場合の相続

遺言にはいくつか種類がありますが、自筆遺言ではなく、公正証書遺言をおススメします。

わたくしたち、相続手続支援センターは、
全国41支部で活動している団体です。
“前妻(前夫)との間にお子さんがいる場合の相続” の詳細は »

実は土地の価格はひとつではありません

土地の価格といっても実際にはさまざまな算出方法によりいくつもの価格があります。

相続財産というと預貯金など様々なものがありますが、実はその
ほとんどは土地や建物の不動産といわれています。

“実は土地の価格はひとつではありません” の詳細は »

相続財産を受け入れるかどうかは相続人の自由です

相続財産には積極財産と消極財産、言い換えればプラスの財産とマイナスの財産があります。 わかりやすくいえば、土地や金や宝石という実のある権利と、借金とで構成されています。

相続の承認には二つの方法があります。
1つは、被相続人の財産を債務を含めて、無条件、無制限に相続することを承認する場合で、
“相続財産を受け入れるかどうかは相続人の自由です” の詳細は »

« 過去の記事