当センターの目からの相続について

遺言を書く際は遺留分に注意しましょう!

遺留分というものが民法上認められています。そのため、遺言を書く際には、遺留分に気をつけて書く必要があります。

自身の財産を、自分の死後どのように分けて欲しいという
希望をかなえてくれるのが「遺言」です。
“遺言を書く際は遺留分に注意しましょう!” の詳細は »

簡単な申請でお金がもらえる手続きもある

相続手続きと名のつく手続きは膨大にありますが、その中には、簡単な申請によってお金がもらえる手続きもあります。こういった手続きは忘れずに行いたいですね。

親族が亡くなり、バタバタと葬儀の準備に追われ、ようやく葬儀を終えたと思ったら、
次にやってくるのが相続手続きです。
“簡単な申請でお金がもらえる手続きもある” の詳細は »

数次相続、代襲相続ってどういう意味なのでしょうか

相続のお手続をしないまま放置していると、数次相続がおこる可能性があり、お手続きが複雑になってしまう可能性があります。

「数次相続」や「代襲相続」という言葉を
聞いたことありますか?

“数次相続、代襲相続ってどういう意味なのでしょうか” の詳細は »

実は土地の価格はひとつではありません

土地の価格といっても実際にはさまざまな算出方法によりいくつもの価格があります。

相続財産というと預貯金など様々なものがありますが、実はその
ほとんどは土地や建物の不動産といわれています。

“実は土地の価格はひとつではありません” の詳細は »

被相続人に債務があるかを調べるには

何もしなければマイナスの財産も相続人に継承されますので、承認するか放棄するのかを判断するためには借金の状況を知ることは大切です。

被相続人に借金があった場合、相続放棄をすれば相続人が借金を引き継ぐことは
ありません。したがって被相続人に借金があるかどうかはとても重要です。

“被相続人に債務があるかを調べるには” の詳細は »

公平な遺産分割をするための方法を知る

遺産分割を公平にスムーズに進めるには各相続人の事情や法定相続分を尊重することがポイントです。

誰かが亡くなって相続が開始した時、相続人が集まって遺産をどのように
分けるのか話し合うのが一般的な任意の遺産分割方法です。

“公平な遺産分割をするための方法を知る” の詳細は »

株式や投資信託の相続手続きの方法

亡くなった方の遺産を調べるには、やはり、故人宛の郵便物が重要な手がかりとなります。株の配当の通知から、株を保有していたことを発見できることがあります。

亡くなった方が所有していた株式の相続手続は
銀行の預金とは異なり、必ず相続人が証券口座を開設する必要があります。


“株式や投資信託の相続手続きの方法” の詳細は »

遺産分割が終了した後に遺言書を発見したら

遺産分割協議後に見つかった遺言のとおりに相続をするのかは相続人間で話し合いが必要です。

遺産分割協議を行い、協議がまとまった後に遺言が見つかるというケースが
意外にあるようです。

“遺産分割が終了した後に遺言書を発見したら” の詳細は »

« 過去の記事