過払金を請求する

自分で過払い金の裁判をしてみよう!

裁判をするには、まずどこの裁判所に訴えるかの確認が必要です。事物管轄と土地管轄の2つの管轄を確認しましょう。

過払い金の請求をして、業者と交渉しても金額が上がらない場合、最終的には、
相手の言い分を受け入れて和解するか裁判するかしかありません。
“自分で過払い金の裁判をしてみよう!” の詳細は »

実際に過払い金を請求したらどれくらいで手元にお金が入ってくるのでしょうか?

過払い金を請求しても直ぐに手元にお金が入ってくるわけではなく、期間がかかります。

過払い金の請求を考えている方の中に、専門家に依頼したら、
その後どれくらいの期間で実際に返還されるのか、を気にされているかもしれません。
“実際に過払い金を請求したらどれくらいで手元にお金が入ってくるのでしょうか?” の詳細は »

過払金が発生しているかどうかの判断について

過払金は、現在利息が低くても過去利息が高ければ発生している可能性があります。

過払金請求とは、利息制限法により定められた利息よりも高い利息を払い続けた結果『払い過ぎたお金』を返してもらうという手続きです。

“過払金が発生しているかどうかの判断について” の詳細は »

和解成立後に貸金業者が破綻したら?

過払金の返還について、和解が成立していても、実際の返還までは安心できないのです。貸金業者等が破綻をする可能性もあるためです。

過払金を請求し、貸金業者との間で和解成立や勝訴判決を得た後に、相手方である貸金業者等が破綻した場合、この和解等の効力はどうなってしまうのでしょう?約束した以上は、破綻しても払ってもらえるのでしょうか?

“和解成立後に貸金業者が破綻したら?” の詳細は »

過払金の消滅時効の起算点について

基本契約に基づく取引において発生した過払い金の返還請求権の消滅時効については、継続的な取引が終了時から進行します。

過払い金の返還請求権の消滅時効の起算は継続的取引終了時点です。
詳しく言うと、最高裁判所は以下のように判断しています。

“過払金の消滅時効の起算点について” の詳細は »

過払金の消滅時効について

過払金の請求はいつまでできるのでしょうか?原則的には取引終了後10年間です。

過去に違法金利での借入れを行っていた方は、過払い(払いすぎたお金)金が発生している可能性があります。しかし、過払金請求はいつまでもできる訳ではありません。過払金の返還請求権は取引終了後(完済後)10年で時効により消滅してしまいます。そのため、たとえ100万円以上の過払金が発生していても、時効により消滅してしまうと、基本的に1円も返ってきません。

逆に、10年以上前に借入れていても、取引が終了(完済)してから10年経過していなければ、過払金の返還請求ができます。

ただ少し複雑な話をしますと、取引の終了時点(完済時)から10年が経過していなかったとしても、取引中に一度完済(残高がゼロになる事です!)して、再び借入をしている方は、一度完済をした時点から10年が経過しているとして、完済時点で発生している過払金については、時効により請求ができない場合があります。貸金業者から時効の主張をされます。
“過払金の消滅時効について” の詳細は »

過払金(払いすぎたお金)はなぜ発生するのか?

過払金が発生する理由は、利息制限法と出資法という2つの法律があり、それぞれ異なる上限利率を定めているから。

過去に消費者金融からお金を借りた事のある人なら一度は「過払金」と言う言葉を、耳にした事があるのではないでしょうか?

「過払金」とは、自分のこれまでの借金が借金じゃなくなり、逆にお金が返ってくる事を言いますが、なぜ「過払金」なんてものが発生するのでしょうか?それは、日本には利息を規制する法律が2つあるからなんです。つまり、(1)利息制限法と(2)出資法という2つの法律があり、それぞれ異なる上限利率を定めているからなんです。ここが一番の問題点でした。


“過払金(払いすぎたお金)はなぜ発生するのか?” の詳細は »

グレーゾーン金利とは何でしょうか?

グレーゾーン金利とは、利息制限法と出資法の間に存在する金利、簡単にいうと「違法ではあるが罰則のない金利」をいいます。

簡単にいうと「違法ではあるが罰則のない金利」をグレーゾーン金利といいます。「利息制限法」という法律により、金利は「100万円以上借りた場合は年15パーセント」、「10万円以上100万円未満は年18パーセント」、「10万円未満は年20パーセント」に定められています。しかしこの法律には罰則がなく、多くの貸金業者は「出資法」というもうひとつの法律の上限利率である29.2パーセントを金利としています。

出資法を上回る金利を請求した場合は罰則(3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金またはこれらの併科)が科せられますが、利息制限法には罰則がないため、ほとんどの貸金業者が出資法に基づいて利息を取っていたのです。


“グレーゾーン金利とは何でしょうか?” の詳細は »

グレーゾーン金利に対する過去の判例

資法の上限金利を20%に下げると共に貸金業法の上限金利を利息制限法と同一とし、みなし弁済の廃止、日掛金融の特例金利の廃止、総量規制の導入がありました

裁判所は、撤廃前でも、債務者に有利な方向で
解釈していくのがグレーゾーン金利についての判例でした。
“グレーゾーン金利に対する過去の判例” の詳細は »

債務整理と免責の関係を見てみよう

も免責不許可事由のいずれかがあった場合、裁判所は裁量によって相当と認めるときは、免責許可決定をくださないことがあります。

免責は、破産者の債務の支払義務を免除する制度です。
その目的は、破産者の経済的な更正を図ることです。
“債務整理と免責の関係を見てみよう” の詳細は »

« 過去の記事