過払い金について

任意売却と競売の違いは何でしょうか?

住宅ローンが払えなくなっても住宅は手放したくないとお考えの時にはすぐにでも専門家に相談しましょう

住宅ローンなどの融資を受けて家を購入している場合、
住宅ローンが払えなくなってしまった時に、
融資を受けた金融機関との合意に基づいて、
家を売却する手続きのことを任意売却といいます。
“任意売却と競売の違いは何でしょうか?” の詳細は »

破産した会社に過払金請求はできますか

会社が破産するときは全ての債務を負債という形で清算しますので、負債の一種である過払い金は取り戻すことができなくなってしまうのです。

過払い金請求をしようと思っていたら、多くの利用者が過払い金請求を行ったために会社が倒産していたということがあります。
運営していた消費者金融業者が破たんしてしまったら過払い金の請求をすることが出来なくなります。
“破産した会社に過払金請求はできますか” の詳細は »

裁判所から届く特別送達とは何でしょうか

特別送達は裁判所などから送られてくる大切な書類なので、受け取った場合は早急に対応する必要があります。

裁判所から特別送達が届いたらどうしたらよいのでしょうか。
特別送達とは裁判所などの公的機関が文書を送達するために使われる郵便物です。
“裁判所から届く特別送達とは何でしょうか” の詳細は »

もしも支払いが延滞してしまったら

「約定支払日までに入金がされなかった」ということが延滞の定義であり、たった1日の遅れでも延滞と見なされるのです。

もしもクレジットカードの支払いを延滞した場合はどうすれば良いのでしょうか?
延滞をするとその延滞したクレジット会社の内部情報として残るだけにとどまらず、
第三者機関である個人信用情報機関に、延滞の事実が掲載されることがあります。
“もしも支払いが延滞してしまったら” の詳細は »

債務名義と時効の援用について

債務名義がある場合の時効は5年ではなく10年になってしまいます。

消費者金融などからの借入金は、最後に返済を行ってから5年で時効になります。
「借金は時効だから、支払はしない。」ということを消費者金融などに伝えれば、支払をする必要はなくなります。
“債務名義と時効の援用について” の詳細は »

裁判所から「支払督促」が届いたら

裁判所から支払督促などの書類が届いたにも関わらず放置してしまったら、基本的に相手の言い分がすべて通った形で判決となってしまいます。

返済することができず支払いが滞っていたら、ある日裁判所から書類が届いた。
そんな時どうしたらよいのでしょうか。
“裁判所から「支払督促」が届いたら” の詳細は »

利息をカットして借金をゆっくり返済するために

利息制限法内での借入でも将来利息のカットに応じてもらえることはあるので任意整理するメリットはじゅうぶんにあります

借金を返済している人の中には、返済が困難になってしまっている方もいます。
任意整理において、弁護士・(認定)司法書士に依頼し、「受任通知(債務整理の依頼を受けたという通知)」
という書類が債権者に届くと、法律上すぐに借金の返済がストップして取立ても止まることになります。
“利息をカットして借金をゆっくり返済するために” の詳細は »

自己破産でも免除されない非免責債権について

自己破産を申し立てても免除されない債権を「非免責債権」といい、それは破産法という法律に定められています。

自己破産の手続きをして免責不許可事由がなければ、裁判所で免責決定がなされ、
原則としてすべての債務の支払い義務がなくなります。
“自己破産でも免除されない非免責債権について” の詳細は »

任意整理をした場合の返済回数について

任意整理には現在の支払の状況だけを考えるのではなく、完済までの収支状況を考えながら無理のない支払計画を立てる必要があります。

任意整理での分割返済の期間は原則的に3年間(36回)が目安です。
また、これを超える場合でも5年間(60回)までであれば話がまとまる可能性が高いようです。
“任意整理をした場合の返済回数について” の詳細は »

« 過去の記事