普段の日常について

ドコモのかけ放題で親孝行しています

携帯って便利ですね。気がつけば持っていて、ふと依存症かしら?と思うことがあります。

みなさん、携帯はどこのを使っていますか?我が家は、ずっとドコモです。他社と比べると割高というイメージがあったのですが、いまやドコモも負けていないようです。
“ドコモのかけ放題で親孝行しています” の詳細は »

相続をしたくないときには、相続放棄という方法があります。

相続の放棄とは、亡くなった人の全ての財産を受け継がないということを意味します。

人が亡くなると、その人の財産は、相続人が承継することになります。
しかし、すべての相続人が相続を望むとは限りません。
今日は、相続人であるあなたが、相続をしたくない時の制度について説明します。
“相続をしたくないときには、相続放棄という方法があります。” の詳細は »

生命保険は相続財産になるのか?

生命保険の保険料を支払っていた人が亡くなった場合は、相続財産となります。

生命保険が相続財産になるかどうかは、
契約者ではなく、誰がその保険料を払っていたかが問題となります。
A 保険料を支払っていたのが、亡くなった人の場合には、相続税の問題になります。
“生命保険は相続財産になるのか?” の詳細は »

皇居ランナーになりました

皇居を走る魅力って何なんだろう。まだ答えがわかりませんが、電車でわざわざ行っても走りたい魅力があります。

この前の日曜日、初めて皇居のまわりを走りました。

いつもは茅ヶ崎の平坦な道を走っていますが、終盤に坂があるコースの練習がしたくて、せっかくなので人気のある皇居を走ってみようと思いました。
“皇居ランナーになりました” の詳細は »

文化祭を楽しんだ日

ここの文化祭で私が大事にしているのは、夏休みの宿題の掲示です。

文化の日あたりに、息子の中学校の文化祭がありました。

中学校に入って初めての文化祭で、息子はとても楽しそうでした。
直前の一週間は遅くまで準備のために学校に残っていたようです。
てっきり鉄道研究会のジオラマ作りに一生懸命になっているのかと思ったら、
クラスの催事のためだったようです。
“文化祭を楽しんだ日” の詳細は »

久しぶりに茅ヶ崎を走りました

秋になってさすがに人が少なくなり、今度は走りに集中できそうです。

6月にフルマラソンを走った後は、夏だし暑いし日焼けするし、で外で走るのはお休みして(さぼって)いました。

でも、また12月にフルマラソンを走る予定があるため、そろそろ練習しないといけないなぁ、と思って先週土曜日に茅ヶ崎から江ノ島までを往復し18キロを走りました。
“久しぶりに茅ヶ崎を走りました” の詳細は »

尾瀬に行きました

先生の言うとおり、尾瀬はとてもすてきだったので、季節を変えてまた訪れたいです。

先日、初めて尾瀬に行きました。

自分が中学生の頃、生物の先生が「一生に一度でいいから尾瀬に行ってみてください」と熱心に勧めていたことが心に残っていました。いつかは行きたいと思っていましたが、その「いつか」がとうとう30年後にやってきました。

紅葉前の中途半端な時期で、しかも天候が悪い週末だったためか、想像していたよりも人が少なくて、木道を気持ちよく歩くことができました。

その木道は他のどの湿原よりも整備されていて歩きやすく、さすが尾瀬だと思いました。

“尾瀬に行きました” の詳細は »

夏休みの宿題

やっと息子の夏休みが終わりました。学校が始まってホッとしています。

やっと息子の夏休みが終わりました。

学校が始まってホッとしています。

去年の夏休み、息子は朝から晩まで塾にいたので、母はとても快適でした。

ところが、今年は塾もなく、補習もなく、部活動もなく、ずーっと家にいました。

“夏休みの宿題” の詳細は »

再開発が進んでいくこの世の中だ

ディスプレイが違うだけで断然ステキに見えて、何でもほしくなってしまいます。

最近、有楽町のルミネと渋谷のヒカリエに行きました。

ルミネはオープンしてから随分経ちますけれども、場所柄、平日の夕方でもたくさんの人でにぎわっていました。

横浜にないお店はもちろん興味ありますけど、横浜にあるお店でも、ディスプレイが違うだけで断然ステキに見えて、何でもほしくなってしまいます。その日はその後友人と会うことになっていたのであまり時間がなく、全部見ることができませんでしたし、ゆっくり買い物する時間もなかったので、また改めて行ってみたいと思います。

“再開発が進んでいくこの世の中だ” の詳細は »

息子の学校に行く機会が多いです

男の子は、なかなか自分から学校の様子を詳しく話すことは少ないので、外堀から情報収集して、見守っていけたらいいなぁ

息子が中学生になって約2ヶ月が経とうとしています。

新しい学校には一人も知っている友達はいませんでしたが、少しずつ新しい友達ができてきているようです。
“息子の学校に行く機会が多いです” の詳細は »

« 過去の記事